講義詳細

リスクマネジメントコース(2019年度)

コミュニケーション力開発

お申し込みは開講一ヶ月前までにお願いします。

日時
第一回
2019年11月13日(水)~2019年11月14日(木) 残り僅か
第二回
2020年3月9日(月)~2020年3月10日(火) 残り僅か
定員 24名
場所 水江研修室 倉敷水江170番地 地図はこちら
料金 54,000円(2日)(税込み)

概要1

科目概要:

  自立した部下育成のために、コミュニケーションスキルのひとつであるコーチング手法を中心に部下後輩の個々人への指導法を学ぶ。あわせて対人関係力の向上策を学ぶ。

研修目標:

 部下を活き活きさせ、自ら考え行動できる人材を育成する。

 個人の対人関係力を向上させる。

対象とする研修参加者:

 部下(後輩)がいる管理職(中堅スタッフも可能)および指導者

科目の特徴:

 相手のパーソナルスタイルを、習慣化した行動からよみとり、外部調査による自分のスタイルと照らし合わせて、対人関係向上策を学ぶ。

 また、部下のスキルの習熟度、モチベーションの状況に応じた指導方法(SLⅡ理論)を理解し、即実践できるコミュニケーション方法を学ぶ。

 さらに、自分の感情に責任をもち、怒りを自分で処理できるようになるアンガーマネジメントを学ぶ。

収得に必要な期間:

  2日間  6.5時間/日、2日 計13時間

  9:00~16:30(最終日17:00)

受講生数:24名                 

ティーチング・メソッド:座学と演習 (含む1種類の事前調査)   

講師:岡崎正行 (三菱ケミカル(株)水島事業所 企画管理部 人材育成・MVP推進室インストラクター)

概要2

各コマ概要:

コマ1:日頃の部下・後輩指導及びコミュニケーションの課題と思いの共有

    個人作業,グループ討議により指導方法の現状を振り返る

    現在のコミュニケーションの問題点を考える

 

コマ2:コーチング

    コーチングの背景と概要を学ぶ

    コーチングの鍵を握る三つのスキル「聴く」「質問」「承認」の理解  

   

コマ3:パーソナルスタイルとスタイル別の理解Ⅰ

    支配性、社交性から見た4分類によるパーソナルスタイルの理解

    4分類(行動派・感覚派・協調派・思考派)のスタイルの特徴を学ぶ

 

コマ4:スタイル別の理解Ⅱと個人のスタイルを知る

    4分類(行動派・感覚派・協調派・思考派)のスタイルの特徴を学ぶ

    スタイルに関する事前調査(自分からみた自分と他人から見た自分)結果

 

コマ5:スタイル別ストレス行動と安心度合(1対1での緊張度合い)の向上  

    スタイル別のストレス行動とその対応策を学ぶ

    安心度合いの調査結果

    自分と違うスタイルの人との対応の仕方を学ぶ(対人関係向上策)

 

コマ6:育成レベルに応じた部下後輩へのリーダーシップ

    SLⅡ理論(能力とやる気に即した4つの実践指導法)を学ぶ

    部下後輩のリーダーシップの執り方について、各種の事例を通して考える(グループ討議)

    

コマ7:アンガーマネジメント 

     アンガーマネジメント手法について学ぶ。自分の怒りに責任をもてるようになることを目指し、円滑なコミュニケーション構築に役立てる。

 

コマ8:モチベーションアップの実習と行動計画作成

    実習を通して、モチベーションアップの方法(ラポール、積極的傾聴)を学ぶ

    具体的な部下後輩へのコミュニケーション方法(部下指導)を考える

 

《参考図書等》

  ・「コーチング入門」 (日経文庫:本間正人・松瀬理穂)

  ・「リーダーシップ行動の源泉・DISCとSLⅡによるリーダー能力開発法」

        (ダイヤモンド社:ケンブランチャード他)               

  ・「一般社団法人アンガーマネジメント協会資料」

お申し込みは開講一ヶ月前までにお願いします。

受講者募集 あなたの企業の、頼りになる人材を育てる! 実習・体験・グループ討議重視で物作りの技術と安心感度を高めます。