受講者の声

  • TOP
  • 受講者の声

安全・安定運転基礎コース(2017年度)

設備管理(三日間コース)

自身の知識向上につながった事はもちろんですが、今後の改善活動や部下・後輩の育成に役立てていきたいと感じました。 安全な操作、異常の発見、未然防止などで、新たな知識を得る事が出来る講義なので、今後、新人・ベテラン問わず受講して頂きたいと思います。
設備を管理する上で必要な知識を、実物や実験を交えて分かりやすく教えて頂きました。生産現場に直結する内容でしたので、機器の日常管理項目に、漏れや改善点が無いかの確認や、設備の運用に適したバルブやポンプの選定、原理原則をふまえての後輩社員への教育に活かしていこうと思います。
今回は機械や設備の話が多く、自身の知らないことばかりであった。 電気的なことだけに捕らわれず、今回の講義のように幅広い知識を身につけていきたい。
設備管理について、今までよりも深い部分が学習できたので、日常の点検・作業に活かしていこうと思う。 バルブ操作などでは、今までハンドル回しで力一杯閉めていましたが、シートにキズが入り、更ににじみを増やす原因や破壊の可能性もある為、操作を気をつけたり、新人に正しく教育しようと思う。 ポンプ関係では、たまに過電流でトリップする事があるが、始動時コイル温度が思った以上に上がる事を知ったので、サプマージドポンプのモータ保護などは、特に気をつけようと思った。潤滑油・振動・温度などでも、今までよりも重点的な点検を心掛けようと思う。 まだ設備診断・電気・計装シーケンスなどは、理解の浅い所がある為、そのような教育がある時は参加したい。
今まで設備やトラブルなどについて教育をうけてきたが、今回の教育で実際に目で見る事が出来た。今後、他人に伝える時は、言葉の表現が変わってくると思う。 又、バルブやモーターなどの中身が見れたので、設備に対する見方が変わってくると思う。 <上司へ>…ベテランの作業員は昔からの方法が一番正しいと思っている人がいる。いろいろなトラブルを経験して出来たこの教育を通じ、作業員のレベルアップ・意識向上・共通認識につながれば良い。
サンプルが豊富で実際に見て体験でき、とても勉強になりました。テキストの絵だけでは分からないことなど、よく理解できた。 自職場では、今回学んだ注意点などに気を付け、普段の点検に活かしたいと思います。職場の人にも伝えていきます。
講義を通じて、設備の役割からトラブル事例と対策など、設備管理に関して広く学ぶことができましたが、重要なのはこれらの座学で学んだ内容を、現場で実践することだと思います。 例えば「行き止まり配管の腐食の危険性」、「ポンプの潤滑油面の管理」など、職場でこれまで教わってきたことでも、適切に管理されないと何が起こるのかを、体験して学ぶことができました。これにより、今まで以上に現場の各機器を、注意深く見ることができるようになると思います。
今回の講義では、実際の現場で活用できる内容が多くあった。 バルブやポンプ、潤滑の講義では、自分の知識の再確認も行うことができ、良い時間を過ごせたと思う。 今回得た知識をどんどん活かして業務をしたい。
・カットモデルなどの見本をたくさん見せて頂いて、バルブやポンプの構造がよく理解できた。バルブの特性を考えて、バルブ操作を行いたいと思った。 ・また、腐食しやすい箇所も学んだので、点検時に注意していきたい。 ・ブリザー弁の詰まり等は、タンクのへこみ、破裂につながるので、定期的に点検を行ってはいるが、さらに注意していきたい。
現在、自職場では指導員として、新入社員の教育をしていますが、今回の研修内容は、新入社員の子にホントに知っといて欲しい内容でしたので、伝えれてない部分を、しっかり教えてあげたいなと思いました。基礎的な内容ではありましたが、普段では追求しない内容も教えて頂けたので、良い勉強になりました。 コマ毎の最後にある実習で、使用するポンプやバルブ等が透明なものでできていたので、流体の状態や潤滑油の状態等、日頃の運転中には見られないものを見せていただいて、とても勉強になりました。 今回の研修は内容もしっかりされているので、新入社員等の若い内に受けておくと、より早く一人前になれるのではないかと思います。
今回学んだことは、実際の現場でもよくつかわれているものばかりで、日常管理や定期点検をする際の参考にしていきたい。 また、現場で使われている配管では、よく腐食したりピンホールしたりする箇所があるが、その時の補修で材質を選定する時に活かしていきたい。 ポンプについて、これから新しく設置する際、性能曲線図から劣化の進み具合も判断して、使い方や点検がいつ頃必要になるか判断できるようにしたい。 計装機器や電気的なことはあまり得意ではないが、PID制御やシーケンス制御について学んだので、今後それに関する工事をする時には、学んだことを頭に入れて、何をやっているか理解しながやっていきたい。
座学と実験とを交えながら勉強することで、より深く理解することができました。実際のプラントを見るときは、実験で見た状態をイメージしながら(目に見えない所で何が起きているのか)、保全業務に務めたいと思います。
新入社員の時に学んだ事を改めて学ぶことで、入社してから得た知識もあり、感じ方や理解の深度が変わったと思う。 また、高圧ガス等の資格試験の勉強の際に出てきたものを実際に見ることができて、より理解できた。
プラント材料の腐食や、潤滑について、これまであまり気にしていなかったので、現場のパトロールで注意してみてみようと思います。 資料がとても見やすく、理解しやすかったです。プラントの運転に役立ちそうなことを多く学べました。今後、学んだことを活かせるようにしていきたいと思います。
ポンプの性能曲線図や計装シーケンス図の読み取り方を教えていただけたことが、自分にとって初めての知識であり、大変有意義だった。 3日間で12の項目について学習するうえ、受講生のレベルもバラバラであり難しいとは思うが、各講義の時間のバランスをもう少し分散して欲しい。自分は材料が苦手だった為、もう少し基本から時間を取って教えていただきたかった。 全体を通して有意義であったと思います。ありがとうございました。

 

設備管理(二日間コース)

・バルブ講義の内容は、現場で適材かを確認したい。 ・潤滑においては、今後の機械メンテナンスに反映する。 ・新しい講義は、充実度が高いので、今後も他講義を受講する。
主な各バルブの流量特性や、漏れ実験、バルブ破壊体験等により、改めて理解することができ、社内でのバルブ操作時に活かしていきたい。 また、ポンプの詳しい構造や、潤滑油の大切さ、日頃からの整備が重要だと感じた。
今回学んだことは、保全の専門分野でポンプが故障したからといって、生産で修理するわけではないが、故障する前に異常の早期発見や、今回学んだことで現場の見方も変わり、より安定運転を意識していけると思うので、今回のことを書面等に残し、生産の全員が同じ知識を共有することで、よりよい生産ができると思う。 また、定期的に設備管理の勉強会等をすることで、知識が常用化しトラブルを未然に防ぐ意識が向上すると思う。
バルブやポンプ、潤滑など、どのテーマも業務に大きく関わっている内容の為、とても勉強になった。 日常点検で注意して見る項目や、各種弁の機能・構造・原理が分かったので設備点検時等に、この講義で学んだことを活かしたい。
設備関係の講習・研修を、このようなかたちで受けたのは初めてだったが、どのコマに関しても知らない事、新しい知識を得られ良かった。 もっと早く(入社5年以内くらいに)受ければ、良い講習ではないかと思う。
機器の点検内容を見直しし、具体的なルールを作り安定操業に努めたい。 又、この講習内容を部署内にも説明し共有化をはかりたい。 講習自体は、実習もあり、大変良く理解出来た部分もありました。

 

化学工学基礎

・学んだ事を自分の中で意味まで理解することで、活用していきたい。
 また、活用することで習得出来るように心掛けたい。
・後輩への教育を通じて、自分も理解する。
・他の会社の方と一緒学ぶことで、コミュニケーションの面でもプラスになった。
現在使用している設備で実際に計算を行い、ポンプや配管の運転管理を行っていこうと思います。また、新設や増設等もあるので、設備変更による変化等を把握出来るように活かしていきます。
高圧ガスの試験等でも同じ計算式が出てくるので、後輩の教育等でも活かしていきたいと思います。
曖昧に覚えていた所や、理解していた所を、基礎から学ぶこどでき、とても有意義な講義になりました。
基礎から学ばないと、応用や実際の装置に活かす事ができないので、基礎からしっかりと学び、応用できるように日々勉強していきます。
蒸留についての知見を深めるために受講したが、他にも化学プラントに欠かせない技術について学ぶことができた。
運転がうまくいかない、効率・コストが悪いなどといった問題が生じた時には、今回学んだことを活かして、会社の発展に貢献したい。
現時点において、自分自身の知識の中で不足している部分を、基礎から学ぶ機会を頂きまして誠にありがとうございます。
特に流動・流体操作、及び熱移動・熱移動操作においては、すぐにでも業務に活用出来ると感じています。
今日までの経験に、この講義で学んだ知識を積み重ねて、経験に知識を裏付ける事で業務の質を高めて行きたい。
今回の講義に関しては、学生時代に学んだ流体力学・熱力学が主となる内容でした。
学生時代はイメージが沸かないまま学習しましたが、今回は業務で設備を扱った上での講義でしたので、理解度が格段に高く感じました。
学んだ内容は既設の設備に関することで使用できることでしたので、改善活動ならびに既設の設備見直しに役立てていきます。
今後のプラント設計に活かしていきたい。特に熱交換器の設計については、伝熱計算が必要であるため、もう一度、今回のテキストを見直し復習していきたい。
要望としては、設備(熱交換器の特長)や、冷凍空調についても研修を受ける機会を頂けたら非常によい機会であると考える。
この2日間で、化学工学について多くの事を学びました。自分が保全をしていく為には、プラントの中でどのような事が起こっているかを知っておく必要があると思うので、とても勉強になりました。また、設計をする時も、今日習った事を活かしたいと思います。
・実際に社会に出て講義を受けることで、高専で学んだことを現場の物と照らし合わせながら計算していくのだと思い、思い出しながら受けることができました。
・今回のことから、またこの教材や高専で使った教材を見て、勉強しなおそうと思います。
・また、グラフやデータを見てから、解決できる問題もあると思い、現物を見るのはもちろんですが、データを見て推測することもしていきたいです。
今回の講義内容は、主に流体・熱工・化学に分かれていて、流体と熱工は高専で学んだ知識が活かす事ができたが、あまり触れたことがない化学は、少し抵抗があった。
社会人になっても勉強するヤル気はあるので、めげずに頑張りたい。
今回の講義で化学工学について、多くの計算をすることにより、知識を増やすことが出来たました。
私が設計や、保全の仕事でプラントの不備を見つけた際には、今回学んだ知識を活かし、計算等によって理論付けて説明出来るようにしたいです。
化学工学基礎を学んで、流体・流動操作・熱移動・熱移動操作・蒸留についての知識を深めることができました。今回の講義はこれからの職場で学習することの基礎となりますので、教材の課題で復習して化学工学の基礎を深め、職場で学ぶ際の基礎知識として活かしていきたいです。
工場で働くうえで、機械がどんな働きをしていて、どんな理屈で動いているのかは知る必要があると思うので、今回の講義では配管や蒸留等についての内容は的確であり、しっかり身につける必要があると思った。
今回の化学工学基礎の講習では、ほとんどの話が今まで学んだことがなく、はじめての内容だったのですごく新鮮だった。
流体・熱・蒸留の基礎知識は設備を扱う上で、基本となってくる内容だと思うので、社内で今回学習した公式等が、必要な時がきたら覚えておくことも大事だが、使える様にしておきたいです。
化学工学についての知識が深まった。
式をすべて覚えるのは難しいので、どういった物があり、どういう時に使えるのかをしっかりと覚えておきたい。
そして、検討・プラント運転に活かしていく。
蒸留の仕組みや、必要な熱量の計算を学べて良かった。
今後の操業の中で、過剰な操作をしていないか、プラントのスタート時にはどのくらいの熱が必要か、マテリアルバランスを計算により求めることで、早くプラントを安定させられるようにしたい。
今後、現場に合った補正値を使った計算など、必要になることがあると思いますので、ご指導よろしくお願いします。
3日間の講習で学んだ公式や計算を、日々の業務で使用したり行う機会は中々無いが、自身の職場の装置や機器(ボイラー、ポンプ、熱交換器等)の、原理や理論を理解しているということは、運転・監視の質の向上に必ず寄与するので、今後の業務に活かしていくとともに、部下の教育にも役立てたい。また、講習のテキストは、資料として非常に良いと思うので、読み返すことで講習の内容を忘れない様に努めたい。
この講習は、自職場の必須資格である、1級ボイラー技士・高圧ガス乙種機械の資格所得者、取得を考えている者が受講すると、内容的にもレベル的にも大変良いと感じた。
実際に職種上で工場のプロセスを理解することは大事であり、その理解を深める(工場のプロセスの見方が変わる)と思われるので、これからの機器の修理やトラブル解消、更新時に活かしていきたいと思われる。
設計においても同様のことがいえるため、工場内の理解に活かしていきたい。
保全業務を行っていく上で、今回学んだレイノズル数等の計算をする事は少ないと思うが、熱交換器・塔の構造・周辺に付属している機器の役割について学ぶ事ができ、根本的な基礎を学ぶ上ではいい講義だった。

安全体験(Aコース) 

例えば、今日学んだ静電気の危険度の体験で、これからはちゃんと、静電気除去できているか注意深く作業ができると思いました。 静電気に限らず、火が出ないようにするために、窒素でパージしたり、ガス検知で濃度を確認したりの作業も、注意深く行えると思います。 今日の講義で体験をすることにより、危険度をちゃんと理解することができたので、良かったです。
日頃から危険予知訓練を行っていますが、さらに意識を高めて作業を行っていきたいです。 また、同じ作業の中でも絶対はないと常に考え、小さな変化や違いに早く気付くことが出来るよう、危険に対する意識を高めていきたいと思います。
設備管理業務の中で、様々な危険物を扱うので、今回燃焼のメカニズム、静電気による事故が多いことを改めて知り、気をつけようと感じた。 普段から使用するエアーも扱い方を誤れば、重大な事故につながるので、今回、実体験をすることで理解を深められたので良かった。
燃焼の3要素の1つでも欠けると、火災や爆発を防ぐ事ができるが、3要素の1つである着火源(静電気)の発生を防止させる安全靴が、帯電防止用ではないことが解り、事故を未然に防ぐためにも、改善提案を出そうと思う。
私は運転員ではなく、設計の立場の人間であるが、本日の講義を受講して,現場には様々な「危険源」が潜んでいることを改めて知った。今回習ったことを含めて、これから現場に行く前の事前KYを実施していきたいと思う。また、工事着手前の安全確認にも活かして、0災活動に取り組んでいきたいと思う。 講義内容は、実験もたくさんあったのでわかりやすく、実際に起きた場合には重大な災害になるということを身をもって知ることができた。 本日の内容を、これからの業務に活かし、「安全第一」で業務を行っていきたいと思う。
製造現場で働く事が、改めて危険性の大きいという事を感じた。 また、実験を通じてその危険を体験でき、トラブルの怖さを再認識出来ました。職場では、過去のトラブル事例の見直し等で、トラブルの未然防止対策を行っているが、今回学んだ知識を生かす事で、新たな未然防止対策事項や、事故が起きてしまった際の事後対策を考えていき、日頃から万一の時に備えていきます。
今日学んだことは、社内で活かせるかどうかはわからないですが、現場で役立つ知識ばかりだと思ったので、生かせていけたらいいなと思いました。現場作業は危険と隣り合わせなので、危険予知をしっかりとし、安全に気をつけて作業していききたいと思った。
私の働く部署では、圧力はかかっていない気体やボンベに入った気体の試験もする。今日の講義を受け、ボンベの残圧には気を付けないといけないと感じた。また、可燃物を常に取り扱っているので、着火の3原則の、特に着火源を取り除けていくように、日頃の作業で意識していこうと思った。
この講義で、静電気が持つ危険性を改めて認識できました。作業服や安全靴をきちんと着用し、帯電しないようにしようと思います。 また、物が摩擦した場合には、すぐに静電気が発生するという意識を持って、緊張感を持って作業に取り組もうと思いました。 製油所内では、高圧ガスを多く取り扱っているので、その危険性を十分に把握し、作業したいです。
油断することがとても危険であることが分かった。 まだ分からないことばかりだが、これから様々な経験をして慣れてきた時に気を抜かずに、安全を心掛けようと思いました。
タンクで危険物を扱っているので、火災・爆発の実験に興味をもちました。消火方法など教わり、今後間違ったことをして災害を起こさないように、しっかり勉強していこうと思いました。 燃焼も知らないことばかりだったので、忘れずにします。 高圧ガスは気体と液体での違いにも驚きました。
まず事故を防ぐ為に、いつもの状態、定常状態を更に知ることが大切だと感じた。 まだまだ現場には分からないことがたくさんある。そういったものは、自ら積極的に上司に聞く、更に聞く際には自分の考えを持っていく。何も考え無しに聞くことよりも、まず自分で考え、教えてもらったことをしっかり理解できるようなオペレーターとなる。自分で良いと思った行動等は、しっかり下の代へ伝えられるようにする。
ルールを守っていても、「絶対」という安全はなので、万一の時の覚悟と備えを、日頃から意識して作業を行う。静電気による災害が多いので、帯電防止の服や靴を付けて、着火源をなるべく出さないように心掛けようと思う。 現場などに入った時、配管などの漏れがあった場合は、速く対処できるように作業をしていこうと思います。 工場には圧力がある機械が沢山あるので、圧力をみながら、これからは操作していこうと思います。
今回、燃焼の3要素を再度学んだ。 動力部はボイラーの燃料として重油を使用している。 重油をタンクに入れて貯蓋している。もし重油タンクが火災を起こした場合、泡消火設備にて消火するようになっている。 トラブル異常が起きた場合は、迅速かつ適切な判断・対応が求められる。焦ってしまい判断を間違えたり、対応が遅れたりすると最悪自体を招く恐れがある。 火災・爆発は特に焦ってしまうため、落ち着いて迅速に対応する。
簡単な実験ではあったが燃焼・爆発の怖さを強く実感することができた。 社内でもいくつかの液体を取り扱っているので、それぞれの特性を理解し、どんな危険が潜んでいるかを考え、事故を未然に防げる設計をしたい。 安全措置が必要となる設計があった際には、今回学んだことを活用しようと思う。
本来、工場で火災を発見した場合、すぐにその場を離れて報告するため、火災や燃焼の知識を学ぶ機会がありませんでした。普段できないような体験を今回できたことで、自分の五感で危険だと感じることのできる現象を多く学ぶことができました。 弊社でも今回講義で習った機器を、多く取り扱っているため原理を学ぶことができて、とても役立ちました。
火災や爆発事故は、一度起きてしまったら非常に深刻な事故に至る一方で、その恐さを実感する機会は基本的に無いので、このような体験で危険性を学ぶことができたのはとても良い経験になりました。 作業をする際には、危険性を予知し、”いつも大丈夫だから大丈夫”という安易な考えを持たないで、慎重に作業する心構えでいたいと思います。
主に危険物について学んで、自分の会社でも今日出て来た気体・液体を扱っているので、一つ一つの引火点、燃焼範囲もしっかり理解して、一番に安全を意識して作業していきたいです。 昔に比べると事故は減っていますが、まだまだ防げる事故も多いので、まずは自分自身の事故が無いように気を付けていきます。
今回の講座を通じて、安全の意識が高まりました。 静電気の恐さ、爆発の危険性、ガスや酸素の濃度のことなど、たくさんのことを知ることができました。 自分の職場の内容と同じ様なことばかりだったので、これから活かしていきたいと思います。 明日もあるので、さらに安全について考えていきたいと思います。
科学的にどのような原理で事故が起こるのか、という事を知る事ができ、その事故を減らす為には知識を身に付けなければいけないと感じた。 その為、製油所で取り扱っている物質の物性や圧力と体積、温度についての基礎を勉強すると共に、それが装置内でどのように活かされているのかという事を学び、事故を防げるように努力したい。
自分が巡回や作業をする時が来たら、自分の知識・観察力・想像力を働かせ、常に危険が潜んでいるという意識を持って、取り組みたいと思います。 また、私は新入社員という事で知識・経験、共に未熟なので作業をする時期がくるまで、今日学んだ知識や今まで学んだ知識を先輩の作業を見たり、知識を吸収して発展させて、安全第一の作業員になっていきたいです。
自社は高圧ガス製造所なので、今回の講習で学んだ危険となるような作業方法・行動は避け、安全に毎日働けるように心掛けます。 知識もまだまだだとは思いますが、少しずつでも成長していける様にします。
バルブ操作は今まで以上にゆっくりと操作することと、アースは必ず取り、静電気をできるだけ除去してから作業にうつる様にしていきたいと思います。 コーンルーフタンクに圧をかける時は必ず耐圧を見てから作業します。
私の職場でも起こりそうなことがたくさんあった。特に危ない要素として、高圧・ガス・水素が1番印象に残っています。私の職場ではどれも当てはまるので、今日学んだことに注意して、日々の作業を行うようにしようと思いました。今月は水素を取り扱う装置のスタート・シャットがあるので、夏ですが静電気に注意しようと思います。
講義では普段自分達が扱っている気体の危険性を学んだ。 今までは危険だと感じなかった事も、本当はとても危険な作業だと感じた。 自分が今日学んだ作業をする際には、しっかり危険予知をして学んだ事を活かして安全に作業していきます。
いつも現場でポケットの開閉や工具の出し入れをしていますが、静電気が発生するので好ましくないということを知りました。 これからはなるべく回数を減らしていこうと思います。 火災防止だけでなく、消火に関する知識も大切だと学んだので、応用してその知識を使えるようになりたいです。
今回学んだ事で特に危険だと感じたのは、静電気による火災や爆発だと感じた。 書きに十分注意し、物質を取り扱っていたとても知らず知らずのうちに静電気により帯電してしまい、スパークして火災が発生する恐れがある。 火災発生の原因で多くを占めるのは静電気であるという事を認識し、直接火気・間接火気だけでなく静電気にも今まで以上に気にしながら作業にあたり、安全・安定運転に努めていく。
場内の設備について、対外申請を行う事がありますが、名称は知っているがどんな物なのか知らなかったり、法で定められている内容について本質を理解していない事が、今まで多かったと思います。 今回の講習では、実験を織り交ぜながら基礎的な内容を学ばせていただいたので、大変勉強になり頭に残りやすかったと思います。 今後の現場パトロールや申請業務に役立ちと感じました。 ありがとうごさいました。
安全対策、管理の知識、技術が全体的に足りない気がする講義で学んだことを、他の操業員と共有化して、安定・安全操業に活かしていきたいと思います。 売り上げが好調で増産も大事だが、プラントが老朽化しており、万一事故が起きないよう、設備のメンテナンス(修理等)もっと考えて欲しい。
今まで理解しているつもりだったことが、意外と違っていたりしたこともあったので、しっかり覚えておいて、危険なことやトラブル時に役立てたいと思います。安全弁が最終手段と思っていたけど、その上があることも知れたので貯槽など見るときに気にしていきたいと思います。
今日の講義で頂いた資料をもう1度読み返し、火炎・爆発・燃焼・高圧ガスに対しての知識を深めて、今の職場で活かしていきたい。 また、万が一火災が起こった場合には、職場で取り扱っている物質の性質をよく理解し、的確に行動できる様にしたい。
3テーマについて講義を受けて、知識→感性→想像力が重要だと感じた。 自社内での仕様物質の詳細、設備の構造・原理・原則を運転員が勉強する機会を開催し、感性と想像力のレベルupを図る活動に活かしていく。
・帯電防止服を着ても夏は、ブルゾを脱ぎベルト等の金属部が露出され、静電気放電部となる為、夏服の丈をのばすとか改善を。 ・着火源は、どこにでもあると思い、現場の見廻り時に異常があればすぐ報告する。 ・慣れと油断、思い込みの行動をしない。 ・バルブの操作はゆっくりと慎重に開ける。
火災・爆発・燃焼、高圧ガス事故の原理、怖さについて、主にオペレーターの視点から理解することができた。周囲の様々な現象が着火源となり得る点において、設計時、電気回路だけを見つめるのではなく、現場の様々な要素を考える必要があると思った。

 

安全体験(Bコース)

このような作業がある時に、今回学んだ事をできる限り後輩に教え、安全に作業をしたい。いままでは、あまり自分で考えた作業をしてこなかったので、今回学んだ事を意識し、KYをし安全に作業ができる様にしたい。
実際に作業で役立つ内容で、自分で知っているつもりでも、より深く学べたと思います。 自分だけでなく、周りの人間への伝達も行いたいと思います。
今回の研修で、どんな作業が危険なのか、どんな状況になれば危険なのかが、理解することができました。今回のこの研修を活かして、安全作業を心掛けていきたいと思います。
今日の一番始めにした薬傷などは、自分のいるグループでも特に気をつけていかなければいけないことで、自分のグループに帰っても目の洗い場やシャワーの場所の確認をして、もしもの場合に備えたい。 そして、今までの事故と類似の事故を起こさないように知識をつけて、危険予知をしていきたい。
一つ一つの作業に責任を持つことが大切だと学びました。 ウォーターハンマーや、突沸など初めて学ぶ事も多くあり、この2日間を通して、よりプロダクションエンジニアとしての意識が高まりました。
ウォーターハンマーについて、今までほとんど知らなかったが、開閉の勢いだけで災害につながったり、またそれを防ぐことができると分かった。 そのために物質の特性や装置について学び、分からないところを調べていこうと思った。それでも分からなかったら、上司の方に教えてもらい、理解を深めていきたい。
体験した内容について社内で共通する箇所を見直し、措置を行おうと思う。 知識→感性→想像力→安全・安定操業が印象に残った。 知識を得る機会を増やしたい。 安全は永遠のテーマだと思うので、考えることは多いにこしたことはないと思う。自分の立場に合わせた教育を断続的にしたい。
職場によってルール等変わりますが、基本知識は変わらない為、現場作業時のKY活動と合わせて行かせたいと思います。 プラントキャリアは9年ほど(中途入社)で初心にかえるという意味で、危険に関して再認識出来ました。
・液封対策の必要性を再認識させられました。  また、弁閉止時にはチェッキ弁の位置に注意し、液封にならない様にする。 ・STM配管、活かし時はドレンを前もって抜いておき、少開でゆっくり暖管してウォーターハンマーの防止に努める。
日頃から行う作業、中々行わない作業と共にありましたが、もし作業する機会があれば、今日学んだことに気をつけて作業します。 また、間違ったことをしているのを目にしたら、年齢関係なく指摘できたらと思います。
現在のところ、まだ事故や災害に巻き込まれていないが、今後油断し、被災することがないように、今回学んだ火傷や薬傷には十分気を付けたい。 また、保護具も着用を必ず行い、万が一の際にも備えるよう心掛けたい。
私の所属している設備技術部は、生産部へ安全・安心な設備を提供している部署である。 設備の新設・改造を実施していくうえで、本講義の内容を知っていなければ、安全・安心な設備を提供出来ないと考える。私は、本講義の内容を未経験者や若手に指導しながら、お互いに危険の感受性を向上させたい。
今日の講義で危険な行為を実際にすることになって、してはいけない行為がどういったものか理解を深めることができたので、自分の現場でも似たような場所か、ものがあるところでは、今日の講義のことを思い出して安全に作業を進めたいと思います。
・配管を透明にして、内部が見える様にしてくれていたので、ガス層がこうなっているのだと理解しやすかった。 ・液封の内部の温度、圧力をこまかくデータをとったことはなかったが、あんな少しの変化で圧力が上がると知り、勉強になった。 ・ウォーターハンマーをさせない為に、ゆっくり弁を動かすことの必要性を感じました。 ・全体を通して、良い体験が出来ました。
今回の講義では自身で体感できる実験が多く、どのように作業すればより安全であるかを体験でき、とても身になったと思った。この経験を日頃の作業に活かして安全に努めていきたいと思う。 また、数々の事故事例を見て、そして対策を学習することで、災害を起こさないために、どう対処すれば良いかを事前に考えて防止する力が、少なからず身に付けることができたと思う。 基本を忘れないため、また新たな知識を身に付けるためにも、今後もこのような講義に参加させてもらえたらと思う。
職場では協力会社さんの変更等があり、安全に対する意識を変えなければならなくなってきている。今回の講義では安全に対する意識を高める、また再認識できたと思う。 日頃の作業から危険だと思う事を常にイメージして、作業に取りかかる事を意識し、想像力を付けてオペレーターとしての力をもっと付けていきたい。 想像力を付けて、現在組内で担当しているリスクアセスメントの質も高めていきたいと思います。
今回この講義を受けて、噴出・被液による薬傷・火傷をしないためにはどうすればよいか、また薬傷・火傷の際の対応をあらためて勉強できた。 実技で受けたフランジの緩め方・閉め方も良い復習になり、作業の際に思い出し、安全な作業を心掛けようと思った。
今後は研修で学んだ事を、自社でも教育を行いたいと思う。 自分のしている仕事との共通部分を洗い出し、危険な箇所については注意出来る様にして行きたい。まずは自班から教育を行い、その事により教育結果が全体に広がるようにしたい。
今日の内容は知っている事と知らない事も出て来たのですが、体験も交えていただいたので、分かり易く良い体験になりました。 フランジの開放、ドレン弁の開放は、これから行って行く作業なので、今日のように正しい工具の使い方、保護具の着用、作業手順を忘れず、2日間の経験を生かし、来週からもがんばります。 2日間ありがとうございました。
今日学んだことは作業の中でいつ起きてもおかしくないことなので、気を付けようと思いました。 ほぼ初めて聞くことや、ある程度知っていたこと等、様々な内容かありましたが受講したことで理解が深まったと思います。 今日の内容を活かし、安全に作業していきたいと思います。 2日間ありがとうございました。
フランジの開け閉めはよく行う作業なので、開けた際の吹き出しに注意して、閉める際は漏れのないように均一にボルトを閉めていこうと思った。 ウォーターハンマーでは急な流速の変化が起こるので、バルブを閉止する際はゆっくりと閉止するようにし、ウォーターハンマーを起こさないようにすることが大切だと思った。
講義で学んだことを忘れないように社内で活かしていきたいと思います。 実験を見て、どのような危険が起こるのかが想像できたのでよかったです。 噴出・被膜・液封・ウォーターハンマー・突沸が起こらないように、それぞれにあった対策をとっていきたいと思います。また、作業するときの操作は慎重にして、点検する時は見るのでなく察するようにしたいと思います。危険予知をしっかりしていきたいと思います。
全体を通して圧力・体積変化・状態変化を理解していないと事故に繫がるという事が分かり、しっかりと知識を得たいと思う。現場を歩く時や装置を動かす時、バルブを開閉する時等、自分が現在行っている作業で配管内の圧力などはどのように変化しているのか、という事をしっかりと考えながらこれから仕事に取り組みたい。 トラブルの原因や対処法を、これからの勉強、また経験で理解し事故を起こさせないよう、装置の運転をしたい。
講義で学んだ事は、今の私の職場の作業と直結する内容だったので、この知識は作業・巡回時の異常が起きた時、または起きる寸前の時に知っていると、自分の身を守るだけでなく、安心・安全の操業に近づけると思うので、忘れず活かしていきたいです。また、想像力をはたらかせ、知識が無駄にならないように、常に装置はどのような状態なのかなど考えていきたいと思いました。
今回学んだことは、どれも日常起こりうる現象であり、大きなトラブルにつながる可能性がある。体験を通して、これらの現象を再認識し、危険性の再確認を行う良い機会となった。どれも基本的なことなので、普段の操作の中でしっかりと考えて、イメージするようにしていきたい。
今回学んだことは、現場作業で身近に起こりうることなので、聞いて終わるのではなく、自分の身に置き換えて作業に取り組んでいきたいと思いました。また、普段からKYTを実践して作業にとりかかっていますが、より安全なものにする為にも、想像力を膨らませることが大切であると痛感しました。
今回の講義で、バルブの操作やフランジを締めたり弛めたりする作業の中に潜んでいる、危険というものがどういったものなのかを、話を聞くだけでなく、実際にその危険なことが起きている現場や、またその危険というものを体験することができ、非常に貴重な経験をすることができました。また、今回学んだ過去の事故等を起こさないように、バルブの開閉やフランジを弛めるなどといった作業を焦らず急がず、ゆっくりと確認しながらやっていきたいです。
日頃バルブ操作はせずに、生産員より残圧を抜いた状態で渡され作業を行うが、もしかすると残圧を抜いた状態でも今回の実習で習った事がおこり、自分が災害にあうかもしれません。自分自身も考えて確認しながら作業を行いたいと思います。
今までは装置のことやプロセスのことを勉強するのに精一杯であったが、これからは自分達が扱っている物質の物性についての知識も備え、万が一被液した時の対処法や、沸点・融点・膨張率などについても考えるようにしたい。 液封やウォーターハンマーなど、具体的にどのようになるのか経験することができてよかった。仕事でそのようなことを起こさないよう十分に注意したい。
本日の講義では、液体の噴出・液封・突沸の体験を行いました。特に圧力が残った状態でのフランジの取り外し、ドレン弁のキャップ交換では、想像以上に残液が吹き出し焦ってしまい、作業手順を忘れてしまうことがありました。安全に作業するには、まず想定外をなくすことが大切であり、現場に出る前に講義で液の噴出を体験でき、とても参考になりました。 私のような経験の浅い人は想定できる危険の数が少ないため、このような講義に積極的に参加して、少しでも多くの危険の引き出しをもてるように精進したいです。
私はまだ経験が浅く、作業・操作時に噴出や液封、ウォーターハンマー等、色々な事に注意しながら行っていかなくてはならないと分かっていても、実際に体験していないため、滅多に起きないだろうと軽く考えていた。しかし、今回じっついに体験等をすることで、常に注意をしておかなければならないことであると、再認識することが出来た。
たくさんの事故の恐ろしさが分かったので、1つ1つのひやりハットを最終的にどのような事故になってしまうのかというのを考えて、自分にできることがあれば少しでも対策をしていこうと思いました。 危険な液体・気体をたくさん使っているので、どこでどの液体や気体が使われているのかを少しでも早く覚えておきたいと思いました。
フランジを開け閉めする作業は何度か経験しましたが、作業方法を誤ると噴出被液によって火傷や薬傷の危険もあることを学びました。今後もフランジを開放する作業は何度もやる機会があると思うので、今日学んだことを生かしたいと思います。
温度、圧力は常に気を使っていないと危険なことが改めて分かった。 バルブやコックを回す時、本当に大丈夫なのか、もし洩れた時被害のない場所かなど、危険予知することをもっと徹底しようと思います。 この2日間で習ったことはまだ少し難しく理解しづらいところもあるが、これから現場で仕事をしていく中で理解していけたらと思います。
安全活動には終わりがないので、常に注意しながら各作業を行っていかないといけないと感じました。 1つのミスでも重大な事故・災害につながることがあるので、ミスをしないように適正な知識・作業手順を頭に入れてやっていかないといけないと思いました。
私は現在、部署で安全担当をさせてもらっています。 今回、安全体験Bを受講させてもらい、更に安全への意識が向上しました。今後の新人教育等に、今回学んだ事を生かし、安全で安心に職場にしていきたいと思います。 本日はありがとうございました。
まず、異常な状態を発見するには、正常な状態を知らないと分からない為、いかに自部場のプラントの正常状態を把握する事が重要であるか、再認識できた。また液封についても、実際自分もチェッキ弁があるラインでの液封を見落としてしまった経験もあるので、今回の受講で、液封の恐ろしさを再認識できた為、良く熟知しているラインでも、フローシートを元に再確認し、液封の箇所を絶対に作らない様にしていく。
今回の安全体験Bコースは、装置を使って体験することで危険性に関する理解がさらに深めることができた。講義で学んだことを、もう一度基本に戻り安全に作業するように活かしていきたい。 応急処置設備、シャワー、水ぶろ等を充実する必要がある。
話を聞いて、気を付けているキケンを実際に目で見て、音を聞いて体感する事ができたので、日々操業を行う中で、今回のイメージをきちんと持って、よりキケンに対して敏感になり、トラブルの際にはうまく対処していきたい。
今日の講義では、化学物質を取り扱うにあたってどのような事に気をつけなければいけないのかを、よく理解する事ができた。職場に戻ってからは、今まで以上に何をどのように気をつけなければいけないのかをよく考え、事故災害を起こさない様に作業したい。
2日間通してとても勉強になりました。 安全に対する認識が変わったと思います。 研修を通して学んだ事をしっかり職場で生かし、職場の人間と情報共有したいと思います。 2日間ありがとうごさいました。
講義では、現場で日常的に行っている作業の基本的な知識を確認しました。体験する事で理解度も上がりました。新人が入社した際には、まず今日学んだ事を教育していきたいです。保護具の重要性を伝えていきます。

 

安全体験(Cコース)

現場での安全教育に生かしていきたいと思います。立場上現場担当員に教育しないといけない立場ですが、その私が知らない、できない、誤って認識している事もありましたので、自分自身の貴重な体験や知識になりました。特に、挟まれ、巻き込まれでのソーセージを使った体験は、生々しく凄惨な事故につながるものだと、目に見ながら体験できました。 ありがとうございました。
挟まれ・巻き込まれの危険については、工場内でも見直す必要があると思いました。また、ベルトカバーなども、内面は無い物もありますし、必要な箇所は改善して、不要の箇所は立ち入り禁止などの対策が必要かと思います。 墜落に関しては、実作業とは違った内容で、分からない点もありましたが、体験ではとても勉強になりました。危険な作業と思われる作業も、ルール・決まりを守る事で、安全に作業ができると思いました。
今回の講義で安全に対する知識はもちろんであるが、「安全」が全てに優先であるという意識付けが行えた。職場、自部場の安全を守る為、以下の事を実施します。 ①"どうすれば危険か"という発想から、KYや対策を行います。 ②本日得た知識を実施し、他者に指導します。
・実際に自分が作業を行うことは少ないが、作業を依頼して行ってもらう事は多数あるため、作業前のミーティングにて、現場監督と安全対策について綿密な打ち合わせを行い、「とうしたら危険になるのか」を確認し合い、作業者末端まで周知させる。 ・梯子の昇降は現場で行うことであるので、今回体験で学んだ3点支持昇降を徹底して行う。慣れない作業であったので、慣れるまで「足」、「手」と声に出して、1段1段確実に昇降する方法も効果的との講義もあったので、そのように実践していく。
はしごの昇降時は3点支持を意識する。 回転機器にウェスなどが巻き込まれたら対抗しない、また、服装をきちんとして作業する。 低速回転だからと言って気を抜かない。 安全帯は正しく使う。
自分の安全意識が低いことを痛感した。「これぐらいならいいだろう」という言葉は安全にはないと思った。普段の仕事でも、自分が思っている以上に安全について考えなければいけないと思ったので、今後に生かせればと思う。 会社に帰っても周囲の人達に、今回の講習で学んだことを伝えたい。
・KY活動により、感受性を高める作業に取り組みたいと思う。 ・成功に過心せずに、毎回初回だと思い、作業にあたる。 ・安全には若手、ベテラン、関係ないので、是非ベテランの方にもとても有意義な講習だったので、参加してもらいたいです。
まず挟まれ巻き込まれは、私の担当しているポリマー工場では、包装関係の設備で該当する項目があり、この研修で学んだ事を活かしたいと思います(運転中に点検するときは、特に回転機には手袋装着はしない等)。 又、墜落では日常的に使用している安全帯やヘルメットの正しい使い方、装着方法を改めて学ぶ事で、本来の機能を果たす事を身に浸みて感じる事ができました。 最後に、本日教育していただいた講師の方、関係者の方々に感謝します。 今後も繰り返し教育を思い出して、安全に仕事をこなしたいと思います。
定修等で高所に昇降することがよくあるので、今回学んだことをしっかりと意識して作業に当たりたい。 アメリカではハーネスタイプの安全帯使用が義務となっているらしい。 旭化成でも採用して頂きたい(落下時のダメージが大きく軽減される)。
挟まれ・巻き込まれ・墜落と、様々なケースの事故があり、共通して危険に対しての意識の欠如が原因だと理解しました。これなら大丈夫、1度成功しているから次も、ではなく、本当にこの方法で危険が取り除かれているのか、考えるようにして事故を起こさないようにします。
ローラーによる挟まれ、巻きこまれや、高所からの墜落事故など、私がいつもしている作業でも十分に起こりうる事なので、講義で学んだ事を、同じ作業をしている社員に伝えるなどして、今後の作業に活かしていきたいと思う。
普段着用している安全帯でも、正しい付け方を知らなかった。職場でも正しい付け方等を教えてもらったことがないので、知らない人が多いのではないかと思う。他にも、自分の職場で普及していないと思う安全行動があったので、職場にその知識を広められるようにしたい。
今回の体験を受講し、今後自分の課員へ指導をしていきたい。 死亡事故につながる、挟まれ・巻き込まれ・墜落は、人の意識、油断でいつ発生してもおかしくない事故である。 日常の教育をしっかりし、また安全設備をつくっていく事が重要であるが、私は日頃の声掛けを特に重要とし、今後社内に活かしていく。
・挟まれ、巻き込まれについては、ポンプの軸の隙間、ブロワーのベルト、ローラ部の隙間など、危険個所がたくさんあることがわかった。保護カバーなどを取り付けて、安全にすることが大事だとわかりました。また、工事で機器を整備する時は、機器が動かないことを確認して、作業者への安全を確保することが改めて分かりました。安全対策指示書のKYにしっかり活かします。 ・墜落について。  安全帯の取り付け位置は、いつもお腹でしていた為、いざ墜落したときに非常に痛いことがわかった。安全帯の取り付け位置は腰骨の少し上にするようにします。  ハーネスタイプの安全帯は、少し着用するのに時間がかかるが、腰以外にも負荷を分散するので、落下時の負荷が減るのでいいと思いました。安全担当者に話をします。
本日の講義で学んだこととして、初めに挟まれ・巻き込まれですが、私の会社としては、ポンプや攪拌機が回転体として存在する。実際に、回転機に手を触れて作業する事も多々あります。特に重要だと思うのが、ターニング時や点検する時などです。一時的に電源を切る、もしくは押してロックをしっかり行うことにより、安全に作業が行えます。この細かい作業を行うことで、危険が少しでも減少するので、注意して作業を行います。 墜落・転落では、こちらも油断や墜落防止措置が取られていなかったことから、労災が発生している。高さに関係なく、重大災害は発生するということで、打ちどころによって災害が変わってくるということになります。現在でも、モンキーラダーの昇降を行う為、3点支持をしっかり守り昇降していきます。 最後に、本日学んだ事を活かしていき、社内にも広めていきます。
現作業では、高所での作業があまりないので、あまり意識していなかったことも学べて、とても良かったです。挟まれ・巻き込まれは、作業で回転体がたくさんあるので、巻き込まれの恐さなどがわかり良かったです。 今後、災害の無いように作業していきたいです。
危険に対する考え方が、自分も含めて甘かったことを痛感しました。 長年、危険だとわかってはいても、続けている作業がありますし、対策が必要なのはわかっていても、何となく対策なしに野放しになっている作業もあります。 現場で事故を起こさない為にも、自分自身の作業をしっかりと見直し、ハード面で対策をお願いする所は、保全や事務所と、さらに連携して具体的な対策を進めていきたいです。
挟まれ・巻き込まれ・墜落と、様々なケースの事故があり、共通して、危険に対しての意識の欠如が原因だと理解しました。これなら大丈夫。一度成功しているから、次もではなく本当にこの方法で危険が取り除かれているのか考えるようにして、事故を起こさないようにします。
普段着用している安全帯でも正しい付け方を知らなかった。 職場でも正しい付け方等を教えてもらったことがないので、知らない人が多いのではないかと思う。 他にも、自分の職場で普及していないと思う安全行動があったので、職場にその知識を広められるようにしたい。
回転機器の巻き込みの強さや安全帯の使用方法の大切さを学んだ。 慣れや油断がなき様にKY活動によって感受性を高めていきたい。 班員にもこの事を伝え、挟まれ・巻き込まれの事故が起こらない様に指導をしていきいと思う。 このような実体験を体験できる講座は今までなかったので、挟まれた痛さ等を実感できた。 社員全てがこの用な口座に参加できたら良いと思う。
今回の体験を受講し、今後自分の課員へ指導をしていきたい。 死亡事故につながる、挟まれ・巻き込まれ・墜落は人の意識・油断でいつ発生してもおかしくない事故である。 日常の教育をしっかりし、また安全設備をつくっていくことが重要であるが、私は日頃の声掛けを特に重要とし、今後社内に活かしていく。
実際に自分の現場にも回転機があり、挟まれの事故も過去にあり、安全対策は十分にされてあるが、作業上どうしてもカバー等とりつけのできない回転機もあるが、今回の体験をもとに十分に注意を払うことと、これらを後輩たちに技術と同時に伝承していく。 安全帯、はしご昇降時の3点支持、使用法は誤ると直接「死」にかかわることであり、より確実に正しく使用することと間違った使用をしている同業者にも注意し、自分の身に加えて仲間の身も守れるようにしていきたい。
本日学んだ「挟まれ・巻き込まれ」「墜落」は、発生した際に死亡につながるケースが非常に高い。 今回の講義で体験した事を時々思い出しながら、日々の業務に取り組む。 又、自身の設備管理という職種上、協力会社の方にケガをさせない様、危険だと思えば積極的に声掛けを行い職場で働いている仲間たちを守れる人材になれる様、精進したい。
・挟まれ、巻き込まれについては  ポンプの軸の隙間、ブロワーのベルト、ローラ部の隙間など危険個所がたくさんあることがわかった。  また工事で機器を整備する時は、機器が動かないことを確認して作業者への安全を確保することが改めて分かりました。安全対策指示書のKYにしっかり活かします。 ・墜落について  安全帯の取り付け位置はいつもお中でしていたため、いざ墜落したとき非常に痛いことがわかった。安全帯の取り付け位置は腰骨の少し上にするようにします。  ハーネスタイプの安全帯は少し着用するのに時間がかかるが、腰以外にも負荷を分散するので、落下時の負荷が減るのでいいと思いました。安全担当者に話します。
本日の講義で学んだ事として初めに挟まれ・巻き込まれですが、私の会社としてはポンプや撹拌機が回転体として存在する。実際に回転機に手を触れて作業する事も多々あります。特に重要だと思うのが、ターニング時や点検する時などです。一時的に電源を切る、もしくは押してロックをしっかり行う事により安全に作業が行えます。この細かい作業を行うことで危険が少しでも減少するので、注意して作業を行います。墜落・転落ではこちらも油断や墜落防止措置が取られていなかったことから労災が発生している。高さに関係なく重大災害は発生するということで、打ちどころによって災害が変わってくるということになります。現在でもモンキーラダーの昇降を行う為、3点支持をしっかり守り昇降していきます。 最後に本日学んだ事を活かしていき、社内にも広めていきます。
本日の講義で挟まれ巻き込まれ、墜落・落下の危険性について学びました。私の会社でも回転体の作業や高所作業があります。特にパトロールやケージング時、回転体の動作確認をする際、巻き込まれないよう軍手を着用したまま作業しないということ、電源が切れているか確認をする必要があります。他にも自分が作業しているということを相手に知らせるために、標識・表示を確実に行う必要があります。私のような新人は何をやっているのか周りに知らせることで間違った作業を防ぐことが大事だと思いました。 今回の講義の内容は当たり前の内容が多くあるように感じましたが、災害件数はワースト2位となっています。これは油断と過信が一番の要因で防げる事故でも油断して自ら危険な状況を作り出しています。普段からの作業は慣れてきた頃が一番危険となるため、日々安全への意識を忘れないように心掛けたいと思います。また梯子昇降時、三点支持がうまくできなかったらはずかしさを気にせず命を大事にするため声を出しながら昇降しようと思いました。
危険に対する考え方が自分も含めて甘かったことを痛感しました。 長年、危険だとわかってはいても続けている作業がありますし、対策が必要なのはわかっていてもなんとなく対策なしに野放しになっている作業もあります。 現場で事故を起こさない為にも、自分自身の作業をしっかりと見直し、ハード面で対策をお願いする所は保全や事務所とさらに連携して具体的な対策を進めていきたいです。
今回の研修で、安全に対する意識が非常に重要なことだと、改めて認識することができた。ちょっとした気の緩みや、思い込みによっても、災害が発生してしまうことも、研修を通して再確認できた。社内において、自分自身に問いかけながら、自分の身は自分で守るという意識を強くもち、業務に取り組む。
今回学んだことを部署内に水平展開し、知識の共有化をしたい。 自分自身の安全に対する意識だけでなく、社内の人の安全意識の向上に働きかけていき、災害の無い職場作りに貢献していきたい。
・巻き込まれ、挟まれ、墜落の怖さを改めて知りました。 ・今回、講義で学んだことを生かして、自分の職場の危険個所(カバーがあっても指が入る隙間など)、危険作業がないか見直して、安全に作業ができるように改善していきます。 ・ヘルメット、安全帯、梯子の正しい使い方が、知れて良かった。→職場で他の作業者にも教えます。 ・分かり易い講習で良かったです。 ・この講習に行かせてくれた上司にも感謝しています。
○ハード面の再確認 ・安全カバー、安全柵等、必要な物が適切な状態か?               ・非常停止装置の有る場所の確認(足りない所はないか?) ○ソフト面の重要性の再認識 ・KYT、ヒヤリハットなど日常に行っているものが、                     ついマンネリ化していきがちである。再度、気を引き締める。 慣れた作業の中では、危険と知っていながらついやってしまう。不安全行為がある。成功した不安全行為は、「成功」ではなく「失敗」だ。そういう行為は決して黙認をせずに、互いに注意をしあえる職場環境が必要。
保護具をただ身に付けるだけにならないよう、正しく着用して活用したいと思う。 また、今回の講義にて挙げられた労災事例は、身近なものもあったので、今までとは違った視点から、作業等見つめ直し、改善活動に活かしたい。
巻き込まれの危険がある箇所には、措置を講じていきたい。 回転体の廻りで作業する際は、主電源を切って安全に作業していきたい。 安全帯・脚立・梯子の使用方法も理解して、後輩の手本になるようにしたい。
私は製造現場で機械を操作することはあまりないのですが、今日学んだような機械・設備はあります。また、業者に工事や作業を委託して、その監督員となることが多くあるので、その際に、今日学んだことを活かしていきたいです(手順書の見直し、作業時の監視)。 今日学んだことだと、「挟まれ・巻き込まれ」では、もう一度現場を見て、巻き込まれそうな箇所がないか見ようと思います(ポンプ、脱水機など)。 危険個所があれば対策をとります。 「墜落」では、高所作業での監督や実際にタンクに昇ることもあるので、安全帯の付け方、使用の仕方をもう一度見直していこうと思います。
毎日の作業で習慣化されてしまっている危険な作業などを、もう一度原点から見て、危険な作業を無くしていこうと考えさせられました。又、実際に作業を行っている人にしか危険は見えてこないという言葉にすごく同調しましたし、これからの作業で他の作業者ではわからない危険な箇所への対策や注意喚起を行っていこうと思いました。又、保護具などは、今現在使用している物より性能が良い物もあると知りましたし、自社でも使用したいと思いました。 色々な体験をさせて頂き、ありがとうございました。
安全帯をハーネスタイプの物を購入する提案を出してみようと思います。 2連梯子に「75°で使用すること」の表示が無ければ、現場表示します。 ラックに乗る・降りる際は、必ず3点支持をするように意識して移動します。
挟まれ・巻き込まれ・墜落の発生原因で共通して言える事は、作業者の熟練のみに頼って、ルールが守られていないということがわかった。自分の職場でも、ルールを守らず作業していないかを再確認する必要があり、ハード・ソフト共面で安全対策をしていく事が重要ではないかと思いました。

 

安全体験(Dコース)

酸欠・ガス中毒は、知識があれば自分含めて防止をすることができるので、吐き気を起こすラインなどをしっかりと覚えておく。感電のことについては、入社してからよく言われてきたことなので、十分に注意をし、情報の共有化に努めたい。より報・連・相が大事だと思ったので徹底をしていく。
今回の安全体験教育では、自分の知識不足であった内容も多々ありましたが、座学に加え模擬体験でとても良く理解する事が出来ました。自社でもこういった体験教育を取り入れ、会社の安全レベル向上を図りたいと思います。
今回の講義を受けて感じた事は、大変勉強になったと言う事です。 電気は目に見える物ではなく、危険だと言う事はなんとなく理解しているつもりでしたが、漏電・過負荷のメカニズムをわかっていませんでした。 しかし、テキストには挿絵で説明されていたので、大変分かり易かったです。 また、事故事例や講義の先生の体験談も紹介された事がとても印象的でした。 酸欠の講義は最初にハットヒヤリの安全活動や進め方について教えていただいて良かった。 知らない事や忘れてしまっている事があり、再教育としてはとても良かったです。 法律が改定されて、硫化水素の中毒の場合、一時救命のマウス to マウスを避けなければならないのはとても勉強になりました。 <まとめ> 今回の講義で学んだ事を、自課の課内QA(全課員の情報共有会)で発表し、「安全とは」「危険とは」何なのか、みんなで共有したいと考えています。 そして必ずゼロ災害を達成する為にも、もっと感性を磨き、会社全体のボトムアップをしていきたいです。 上司への要望はありません。 ありがとうございました。
この体験で得た事を部下・協力業者にフィードパックする。 電気事故・酸欠・ガス中毒を含め、事故事例を職場会・安全教育で確認する。 特に若手が多い為に、このあたりは意識して教育する。 上司への要望として、安全活動に関してやる事が多すぎて、細かい部分まで完全に見切れていない実情がある。このあたりをもっと理解してほしい。
講義の内容は基本的な内容であるが、これを確実に行わないならば、HH(ヒヤリハット)が必ず発生すると感じた。 現場ではまず基本的な対策を確実にすることと、その現場に応じた掘り下げた対策をとりたいと思う。 2011年5月に安全体験Aを受講。今回2回目である(今回は急に行けない物の代わりに出変)。 今後はB,Cについても受講したい。 ありがとうございました。
今回学んだことを、同じ工程で作業している人は勿論ですが、他の工程で作業している人達にも教えていき、全体のレベルアップを計りたい。 又、外注の人達とも同じ作業場で作業することがあるが、何か誤った事を行っていたら注意するようにしたい。
今回の講義を受けて、感電や電気による発熱・火災事故・酸欠の恐ろしさ、危険を再認識しました。自社でも今回講義で受けた事故につながる危険があるので、アース接地の確認や、槽内作業前の酸欠の確認をしっかり行って事故を未然に防いでいきたいと思います。
今回の研修では、特に命にかかわる、酸欠・硫化水素中毒や電気の安全について学んだ。これらについては、社内等の研修において繰り返し教育を受けてきたが、忘れている内容もあり、改めて理解を深めることができた。 社内では、今回の研修で理解した部分について、自分自身に問いかけながら、まずは自分の身は自分で守るという意識を強く持って業務に取り組む。
コードリールを使用する事がよくあるので、発火の危険性があることを理解し、正しく使用していきたい。酸欠・ガス検知は外部の方へ任せているので、自分でも使用方法・測定結果の内容を理解し、不備があれば訂正させられるようにしたい。
電気・酸欠・ガス中毒は、なかなか身近で発生するトラブルではないですが、どちらも発生すると被災者が死につながる、大変危険なトラブルである事を再認識する事ができました。 今回のコースで学んだ、保護具の使用方法等をしっかり身に付け、後輩等に伝える事で、自身の安全を確保した上で、プランLの安全・安定運転に努めたいと思います。
本日の講義では、電気事故・酸欠・ガス中毒を中心に学ぶことができました。 まず電気事故としては、漏電・過負荷を中心に学びました。人体には50~100mA程度の電流で死に到ってしまうため、漏電への対策は十分に行った方がいいと思いました。電流は抵抗の低いところに流れるため、万一漏洩しても、人体を経由せずアースを通るため、アースをとることは忘れないようにしようと思いました。ポンプに過負荷が加わると電流が上昇し、回転機の回転が止まるほどの負荷だと、定格の7.8倍の電流が流れることがわかった。そのためポンプのターニングは欠かせないと思いました。 槽内の空気置換をするときは、発生している気体の特性によって置換方法が変わってくるため、気体の性質を学ぶことが重要だと思いました。 保護具の着用も、間違った方法や使用用途を理解していないと意味がないため、よく学ぼうと思いました。
・電気と人の関係は身近であるがゆえに、常に危険であるという認識を持ち、事故災害を起こさない為にも、知識を身に付けるという事が重要だと感じました。 ・私の職場でも、マンホールの多い塔やタンク塔がありますが、つい省略行為をしてしまいそうな時もあります。ですが、そういった行為は人命に関わるという事を第一に考えると、省略行為がどれ程やってはいけない事なのか、講習を通じて学ぶ事が出来ました。仕事に十分活かしていきたいです。
ポンプ・ファンなどの動力があり、それが過負荷でトリップした時、すぐに電源を入れるのではなく、まず原因を考えるようにしたいです。今回学んだことでは、ポンプ側の流体の粘度が上昇したこと、何かがつまっている、ペアリングの破損などが考えられるので、例えば流入してくる流体について思い当たる点がないかなど、落ち着いて考えられるようにしたいです。 また、発注者として監督員となることが多く、きちんと接地ができているか、使用する機器が点検済みのものか、しっかり監督していこうと思います。また、酸素・硫化水素濃度の測定も、槽全体きちんと測定しているかも、監督するのに必要だと思いました。特別教育や記録・保存についても、発注者として知るべきことが多くあるので、それを理解し監督していくよう努めます。

 

原因究明力開発

若手社員の発言する機会が少なく、声も小さいので、なぜなぜ分析は、社員のレベルを知る意味でも効果的だと思った。(発言する事に慣れれば、日頃の業務でも自分から連絡等してくれる期待も)
トラブル等が起きてから対処するのではなく、予想して未然に防げるものは防いでいきたい。 その為に、今回の教育を生かしていきたい。 また、過去のトラブルを見出し、次にトラブルが起きないようにしっかりと対策を立て、役立てていきたい。 今回の教育を受けて、過去に少しだけ経験した事が出て来た。 その知識を不充分であった事が実感できた。 今まで覚えていた知識+今回の教育を現場でも、十分発揮させていきたいと思います。
1日目、受講前から原因究明とは?まったく理解していなかった。何かが起きて、それに対して原因が生まれる。ただそれぐらいのレベルしかなかったと思います。 1日目の受講をして、まずトラブルが起きた。その問題に対して問題点の確認、事実の把握、情報収集、なぜ問題が起きたか?一つ一つ正確に原因をみつける。必ず問題に対して原因はあるのだから。問題解決作業の第一歩は、原因究明。原因究明は、思考スキルアップを目指します。 2日目、実際に演習をやってみて、原因究明がスラスラでるわけもなく、班で悩み、事例の把握と情報収集の力がまだまだと思いました。 今回の研修で、1人1人の考え方・事例などの把握と情報収集力、原因は一つだけではなく、違う角度から見たら、原因はたくさんあるのだなって思いました。 もう少しいろんなことを学びたいと思います。  以上。
今回、2日間の原因究明力開発を受講することで、ある程度理解はしたが、十分とまでいかなかったと思う。自分の仕事の中で、小さなことでも原因を究明し、今回教わった事を身に付けて充分にしたい。 又、原因を究明する事で、改善・安全にもつながり、働きやすい会社部署になると思う。 自分もですが、若い人が積極的に参加し学んでいけば現場(仕事)力がアップ・職場実力がアップするのでは、と思う。
今回、講義で学んだ原因究明開発を、きちんと会社で生かしていきたいです。 なぜトラブルが起こったかをきちんと理解し、以降、トラブルが発生しない様にきちんと追究したいと思います。 少し難しかったけれど、きちんと復習し理解したいと思います。
オペラビリティースタディー、ケアビリティースタディー、ツリー究明法等、今まで知らなかった事を、沢山学ぶ事が出来た。 この2日間で得た知識を職場に持ち帰り、実行して行く事により、職場のレベルアップにつなげて行きたい。
今回の講義で5W1H、ツリー解析、KYマトリックス法等を、演習を行いながら学びました。自職場でもトラブル、労災が発生した時にはこれらを使用し、原因追及と対策を行っています。現状、私はこの手法を用いての作業はあまり無いですが、考え方は十分プラントの運転に役立てると感じました。 考える運転員として、職場の安全・安定運転に貢献していきます。また、今回講義に参加できなかった班員へも周知していきます。ありがとうございました。 以上。
原因究明力開発コースを受講して、色々な事例のトラブルを知り、又、原因を究明していきました。多くの事例の原因を究明する事により、やり方や解決への導き方を身につける事が出来ました。 今後は、このスキルを職場へ持ち帰り、自職場でのトラブル対策・対応に活かして行きます。
安定に生産をする為には、しっかりと原因を究明し、手法を用いて、トラブルをなくすことも大切だが、一番大切なことはチーム全体で話し合い、全員でトラブルを改善することが重要になる。安全と平行して安定生産を目指したい。
問題を考える習慣化に役立ててもらいたい。その手法の一つとして紹介したいと思うが、今行っているPST教育との組み合わせを考え、現場を混乱させる様な事は避けたい。紹介するならPSTと考え方は異なり、違う問題解析手法と考えられるか? もしくは、もっとアレンジした方にできるか。
今回の講義で学んだ、運転・設備トラブル発生に対して、問題解決する手法を現場で生かせるようにしたい。また、他者の方々と話が出来、いろいろな意見を聞けた事がよい機会になった。
チームとして現場力のアップや問題点の共有、知識レベルの一致、コミュニケーション能力の向上を目指し、仕事に取組みたい。 他社の方との交流も出来、いい経験になりました。
主観で物事を見る事が多いので、客観的に事象をとらえて、判断する事が大事だと思いました。様々な手法はキッチリやろうと思うと多大な時間がかかると思うので、コマ切れにして部分活用して、原因をとらえる為に役立てたいです。
今回の講座で考えることが、いかに重要かがよくわかりました。 日頃から"どうして!"と思うことで、今まで何も感じなかったことにも関心するようになり、理解できるようになったと思います。 運転・機器のトラブルが起こった時は、なぜ起こったのかを検証し、環境・設備・人的要因・システムはどうだったのか、不備はなかったのか等を考え、今後答えを導きだしていこうと思います。
この講義を通して、原因究明を行っていく事がいかに重要な事かを、改めて再認識しました。講義内容に付いては、自職場でも有効活用し、トラブル・災害の未然防止につなげていきたいと思います。
・自社は、創業から半世紀以上たっているので、所々不具合が出てきている。前の設備より、より良い管理、素人でも扱える設備投資を、上司と話し合いたい。 ・設備の機能を理解し、改善に努めたい。
様々な会社の人と、コミュニケーションを図る事で、色々な考えや感じ方などがわかり、自分だけの考え以外の発見があり、とても有意義な講義でした。 職場に帰り、この講義で学ばせていただいた色々な技法を、安全の面でもコスト削減の面でも活かせるようにしていきたいです。
・過去のトラブルや実際にトラブルが起きた時に、原因の解析をしてみたいと思う。 ・後輩や先輩も含めて、この様な原因究明の活動をしていけたら、もっとより良い職場になると思った。
現場で起こったトラブルやアクシデントの原因究明を行い、又、班内での意見交換等を行って、一度起きたトラブルの再発防止に努め、安全第一で日々の作業を行いたいと思います。
今回、講義を受けて感じた事は、普段表面的にしか見ていなかったと思いました。What → what → …という風には見ていませんでした。トラブル発生時は、物事を断面的に見て解析をしていきたいです。 化学プラントはとても危険を伴う仕事なので、トラブル時はツリー解析をし、確実に間違いのない様にしていきたいです。
トラブル発生時、ツリー解析は行った事があるが、他の解析は初めてだったので活かしていきたいが、思っている事を字で表す難しさを実感したので、時間がある時に行ってみたいと思います。
2日間という短い期間でしたが、とても有意義でした。他の会社の人とも交流でき、各々の考え方などとても参考になる部分もありました。普段の業務の中ではじっくり考える機会があまりないので、とても勉強になりました。 グループディスカッションの中で、時間が足りないコマもあったので、少し長めに時間が取れれば良いと思います。
今回講義で学んだ、原因究明ツリーは会社でも馴染みもあるので、詰めた内容に出来る様にしたい。 オペラビリティとケアビリティーを知らない人もいると思うので、若手の方、ベテランの方にも教えられるようにしたい(自分も勉強したい)。

 

トラブル事例分析による事故災害の未然防止(旧名:トラブル・ヒヤリハット事例)

<活かし方>ちょうどKY向上の為、トレーニングをしているのでいかしていきたい。 <目標・達成>多くの災害事例を検討し、応用できそうなものも多くあったので、忘れずにしたい。         又、疎かにしていた事も多々あったので反省し、後輩にも疎かにしない様に伝えたい。 <職場への影響>よくわからないが、安全に対する考え方が変わってきている気がする。 <唱和感想>安全を疎かにしている様に見える人がいるので、この言葉の意味を考えさせたい。
<活かし方>KYKや将棋倒し分析を活かして、トラブルプリベンターを目指していきたい。 <目標・達成>将棋倒し分析をよく学べたと思う。 <職場への影響>社内では初めての受講なので、影響を与えられるようになりたいです。 <唱和感想>その通りだと思った。
<活かし方>・トラブルの種を見つけたい。        ・上司の人には積極的に本講習を受けてもらい、会社内で広めてほしい。        社員が行くと、有効なものも広まらない。 <目標・達成>今まで聞いた事のないトラブルを知る事が出来たので、新たな以上の種を見つけることができると思う。 <職場への影響>特になし。 <唱和感想>命は大切。
<活かし方>・大抵の事は報連相を確実に行えば未然に防ぐ事が出来るので、コミュニケーションをとり、さらに報連相を密にして作業する。 ・他社さんでは保温にドレン抜き(雨水防止)がついていたり、ペール管の絶縁取手は外していたりしてたので、社内でも活用出来ないか検討する。 <目標・達成>初期は感受性・予測性を高める事はどんな事をするのか疑問だったが、17件ものグループ討議で格段に力を付ける事が出来た。 ・事故が起きるには連鎖によって起きるので、どれか1つでもコマを抜き取ると良い事が分かりました。 <職場への影響>自分より先輩方が受講しており、やはり先輩方は細かい事にも連絡を密にして作業しています。 <唱和感想>毎回唱和を行い、自分だけの命ではない事が認識出来ました。
<活かし方>現場3現則(現場・現物・現実)を活かして、現場で確認する事を大切にしたいです。確認した事は管制室できっちりと申し送りして事故を起こさないようにしたい。 <目標・達成>将棋倒し分析の手法について理解出来た。トラブルは起きるまでの連鎖のコマを取り除けば防止出来る事も分かった。 <職場への影響>誰が受講しているのか分かりませんが、この講習に参加して課内にトラブルプリベンダーが増える事で、Cトラブルを減らしていけると思う。 <唱和感想>安全化時に、他人にケガをさせない事を大切にして、事故が起きないような安全化を行いたい。
<活かし方>配管工事などを行う時は、必ず着工前打ち合わせを行うので、その時に少しでも疑問と思ったりおかしな点があった場合は、質問したり指摘する。そうする事で、当日作業が正しく安全に施工しやすくなると思う。 <目標・達成>多くの知恵を将棋倒し分析で獲得したので、潜んでいる危険をみつける能力がアップしたと思う。 <職場への影響>全体的には与えていないと思います。交替班へいるので、班員へは与えているかもしれない。 <唱和感想>殉職者、妻の手紙で、「会社は一万人に一人、一万分の1を失っただけですね。しかし私はすべてを失いました…。」この言葉が印象に残りました。
<活かし方>・今後、日常点検時は断熱部で雨水が侵入している箇所は無いか、外面腐食(デッド部)の進行している場所は無いかという点を頭に入れ、点検を実施する。 ・今後、保全作業で作業が伸びる場合は、メモだけでなく、書面+口頭での連絡を心掛ける。 <目標・達成>ポンプの振動(キャビテーション)により、圧力計がゆるむ事がある、という事や静電気の帯電は容易に起こるという事等を学んだ。 <職場への影響>プリベンダーとして、事故の予防をしようという認識を再確認させる。良い機会となった。 <唱和感想>なし。
<活かし方>事故・災害のストッパーに自らがないといけない。その為には今回の講義を適宜振り返り、復習する事が必要です。特に定修中には、数百人もの施工会社の方の命を預かっているという事を常に頭に入れ、おかしいと思う事は積極的に発言し、トラブルを未然防止したいと思う。他社の方とも交流が出来て有意義でした。 <目標・達成>全17項目の自力分析を行い、手法を理解する事が出来た。時系列で進んでいくコマをいかに外すかにより、事故・災害が防止できる事がよく分かった。今回は紙上であったが、実践では頭の中で処理しないといけないと感じた。処理スピードも重要である。 <職場への影響>受講されている方が定かではないので、よく分からないが、きっと"トラブルプリベンダー"になられているのではと推測する。 <唱和感想>言葉の通りであり具論はありません。業務が多忙になると、忘れてしまいがちなので気をつけたい。今回唱和を繰り返し行ったので、頭によく入りました。
<活かし方>一つ一つの知恵を増やすことが出来ました。今まではパトロール時にそういった考え(トラブルプリベンダーの考え)で、出来ていない点が何個かあったので、会社で早期発見・異常にならないように予防をしっかりとおこなっていく。報連相の重要性を身にしみて感じたので、申し送る等、他人に伝える力をUPできる様にします。 <目標・達成>いろいろな事例検討を行うことで向上することが出来ました。 <職場への影響>点検等の大切さをしっかりと伝えていた。周りの人も考え方が少しずつ変わっているような気がします。 <唱和感想>命の大切さを感じました。
<活かし方>KYK自体がなかなか進んでないので、そこから着手すべきと考えてます。いずれは社内でもトラブルプリベンダーを増やし、管理職だけでなく(弊社の場合)、現場のリーダークラスにも本講義を学んでもらいたい。 <目標・達成>達成できたと思います。様々な事例を知る事ではなく、未然に防ぐための手法が身についた事が大きいと感じてます。現場経験の有無にかかわらず、現場のベテランも新人もできる手法でした。どうやって身についていけるか(継続できるか)を、現場の実情と合わせながら少しずつ実践する必要あると思いました。 <職場への影響>私(柳生)と永延が初めてなので、職場に何か伝えないといけません。 <唱和感想>・3日目に級長させていただきましたが、大きな声で唱和(1人)するのと、全員で合唱するのとは意識が少し違いました。 ・この言葉を考えた人、この言葉を選んだ人の人間性に魅力を感じます。 ・最も大事なモノであり、そのためにどう守るか、その答えを永遠に考え続けなければいけないというメッセージの様なものを感じました。
<活かし方>・グループ討議で話合ったことが、職場に当てはまることがあれば改善を提案していきたいと思う。・報連相が重要だということが再認識できたので、上司に積極的に意見をいい、部下の意見を聞こうと思う。 <目標・達成>将棋倒し分析の手法取得、感受性が向上できたので達成できた。 <職場への影響>これから影響を与えていきます。 <唱和感想>意識付けができた。
<活かし方>・感受性、予測性の低い若手を中心に講義を受けた方が良いと思った。        ・職場のニーズにもあっていたので有意義な3日間であった。        ・油断や慣れからの重大労災も多発しているので、ベテラン(40才以上)のオペレーターも、基本に立ち返る意味で受講しても良いのではないかと思った。 <目標・達成>多くの事故事例について将棋倒し分析をして思った事は、日頃から無意識の内にやっていた事も多いと感じました。しかし講習を受けた事で意識的にするようになれると思うので、安全に対する意識がさらに高くなったと感じます。 <職場への影響>だれが講習へ参加したのか分らない。 <唱和感想>家庭を持つ前の自分なら何とも思わなかったかもしれませんが、家庭を守っていく立場に今はあるので、自分一人の命ではないのでかけがえのない家族を守っていく為にも、自分の命は自分で守らなければならないという事を強く感じました。
<活かし方>社内で改善や作業方法の見直し等、多くみられる中、それを皆に周知できていないと多々感じる。新入社員等、職場環境が変化する中、知っている人と知らない人が混在していると思う。油断は事前に防止し易いが、無知は防止しにくい為、教育の徹底によりまずは無知による事故を減らしていく。 <目標・達成>トラブルの予兆を早期発見できる能力を身に付けるべく参加したが、分析はできても実際にその行動ができるかと言われれば難しいところである。目的を達成するために、まずは作業方法の見直しから初めていこうと思う。 <職場への影響>本講義のことは最近知ったため、具体的にはわからないが、日頃のKYKやトラブル分析等に山田っていると思う。 <唱和感想>もちろん、命を軽く考えてはいないが、会社全体人数の何千分の1と考えるのではなく、その人の家族にとっては1/1という言葉が印象的であった。
<活かし方>今回の講座で、17項目の事故、災害事例について、グループ討議を行い、分析を行ったので、自部場でも起こる事例について分析を行い、事故を起こさせない様に再学習します。   今後も監督者としての心構えを忘れず、行動していきます。 <目標・達成>数多く(17項目)の災害事例分析を行い、学び、トラブルプリベンターに近づく事ができました。大変、有意義な3日間でした。→受講目的達成できました。 <職場への影響>安全に対する意識が高いと思います。 <唱和感想>すごく大切な言葉です。唱和する事で心に残りました。 3日間ありがとうございました。
<活かし方>・これまで試験機等で起きたトラブル、ヒヤリハットを探し、避けれるコマがないかどうか見つける。  ・職場に潜んでいる種を見つけ出し、大きくならないように心掛ける。 <目標・達成>・将棋倒し分析の手法については、何ケースも事例をやることで、どのように活用し未然に防ぐという事かがあることがわかった。 ・知識としてではなく知恵として未然に防ぐ力を身に付けていきたいと感じた。 <職場への影響>職場の方から"連鎖"というキーワードはいただいて、この講座に参加しました。 <唱和感想>会社だけではなく、その人の家族や友人にとっても失うことの損失を常に頭の中に入れ、安全第一で作業することの意味を思い返させてもらえる標語だと思う。
<活かし方>事故事例を見ていると、「本当にこんなことをするのか」ということで災害が起こっていて、根絶されていないので、まずは正しい機器の使用方法やルールを学び、自分だけでなく周囲の人も安全に過ごせるようにしたい。 <目標・達成>当初は「どうなったら危険なのか」「なぜ危険になるのか」ということが全く分かっていない状態だったが、本分析手法のように、時系列に一つ一つの事象を並べて対策を練っていくことで、多くの現否とそれをどのように防ぐのかということを知ることができたと感じる。 まだまだ経験が乏しくゼロに近いので、様々な経験を積んでいきたい。 <職場への影響>お願いをして試験をしていただいている立場なので、安全を守るという点で貢献はあると思う。若手が参加しているので、経験を積むことで初めて安全が保障されると思うので、そうなれるように成長しないといけないと感じる。 <唱和感想>会社でもこのような標語があるので、十分に安全を守り、命が失われないように事故を防げるようにしたい。

 

安全・安定運転上級コース(2017年度)

保安防災管理

R/C教育等、なぜ行わなければならないか説明できるようになりましたので、課員へ伝えるようにします。 又、調べるべきポイントや場所の見極めができましたので、作成する資料のレベルUPに生かします。 <上司要望>講習のチャンスに感謝いたします。 <講師の方へ>追記が多くテキストが「困り物」でした。スライドと合わないので…。きちんとしたものを配布下さい。
RC年間実施計画の職場内技術伝承教育の中で、この保安防災教育をフィードバックしていきたい。この教育ではこのまま教材を使用するのではなく、保安防災管理の各コマを細かく、またわかりやすく修正し、日触内での各事例を入れて説明していきたい。
内容が多い為、もう少し時間をかけて理解したかった。 課内基準等を学んだ事を生かし見直しを行いたい。 コンプライアンスの大切さを再認識させられた。 災害発生時、ほとんどがコンプライアンス違反によるものではないか? 自職場においてもコンプライアンス違反を行っていないか調査したいと考える。
保安防災管理ということで、労安法・消防法・高圧ガス・コンビ例と一連の重要な法律をある程度まとめた形で学習でき、すでに理解していたことも含め、それらに関する意識が高まったので、時の安全検討・安全活動に活かしていきたい。 直接装置に触れる機会が少なく、また事故の経験もほとんど無いため、どういうことが危険につながるのか、過去の事故事例に学ぶことが重要だと思うが、そのような講義があれば参加したい。
業務上、保安防災に関する知識があり、法令に関しては物足りなかったが、保安上の技術に関しては知りたいことが、簡単にまとめられており勉強になった。 現場の人間が受けるべき内容であると感じた。
過去の事故事例(いろんな)を聞いて、自分があまり気にしていなかったことが大きな問題になる可能性があったことに驚いた。自社で同じ事故を起こさないよう心掛けていきたいです。
今回、受講した保安防災管理、各8項目の講義が有り、どの項目も自分の生産現場に合い、非常に勉強になる講義でした。 今回、学んだ事を自分自身、復習し、しっかり把握した中で、部下にも伝達していきたい。 現場の安全・安定生産の為に今後、管理をしっかりと行いたいと思う。
この講義で保安防災とは何か?を再認識しました。また、いろいろな事例を出していただき、分かりやすかったです。 会社に持ち帰り、上司と話をして、これを活かしていきたいと思います。
正常を知らなければ異常が分かるはずが無い、というこの事を肝に命じて、創業時の観察を怠らないよう努力していきます。 小さい事をコツコツ積み上げていきます。
・教材(テキスト)については内容は良いと思いますが、学識部について単位はS1単位で統一して欲しいと思います。メートル法と混在している。 ・石化プラントでは高度制御化が進む中で、保安防災に関してハード面・ソフト面において本講座で学んだ事を活かして、プラントの運転管理に努めていきたいと思います。 ・特に現在水島構造改善にて、非定常作業が多く、事故・災害のリスクが高くなっています。  その為、組織の総力を上げるとともに、個人の保安防災に対する意識や感度を上げていきたいと思います。
この講座を受講し、保安係員として労安法・消防法・石災法を、班内にOPLSeetで伝えていきたいと思う。そして「危険とうまく付き合うには」を常に意識して、装置を運転していきたいと思う。
<NSスチレンモノマー> 改めて、日頃のてんけん・見回りの重要性を感じた。今までも、点検・見回りはおこなっていたが、回数を重ねるうちに手抜きになっている部分もあってと思った。1回1回の点検に緊張感をもって、大きな事故になる前に装置の異常に気付けるようにしていく。 講義の中で、様々な計算があったが、勉強不足もありすぐに理解できなかった。社内の教育でも同じような計算を解いていたが、理解度が足りていないと感じた為、教材を読み直し、理解度を上げていく。
<住友化学> 今回の講義を受けるまで、法改正等、知らないまま仕事をしていた部分もあったので、これからは、ハード面・ソフト面の社内規則がどのような法規則に基づいて決めているものか、現状の法制度に即しているか、自ら調べて不具合や変更すべき点があれば、上司へ相談・提案をしていきたい。
<住友化学> ・実際の事例や経験談を踏まえ、講義を行ってくれたことで、状況をイメージしながら受講することができた。知っていることが多かったが、知らないことも多くあり、プラントでの運転につなげていきたい。運転時において困ったことがあったら、今回の資料を見返したい。また、今回得た知識を、後輩指導にも利用したいと思う。 ・上司への要望…今回とても良い経験をすることが出来た。参加者の経験年数も幅広く、2年~10年以上の人がいたことから、もう少し若い世代にも参加してもらいたいと感じた。
<昭和電工> 新人から中堅までの運転員に対する再教育という事で、今回の講座で生産現場での取り扱い物質に対する一般的学識、事故事例を参考に働く上での災害が起きた時の対応など、日常業務での重要な事を学びました。今回、学んだ事を自分だけでなく、後輩にも伝え、生産現場の安全安定運転を目指していきたい。
<昭和電工> 自分は最近、職場を移動して1から新しい職場の仕事を学んでいる最中なので、基本的な事を、今回の講義で学ぶことが出来ました。今回の講義で職場の欠点などを洗い出して活かせるようにして行きたいのです。
<サンアロマ> 物質の取り扱い上の学識等、少しレベルの高い内容もあったが、自分なりに理解し、学んだ事を職場で活かして行きたい。若手が作業する前にKY等で、その設備はガス設備なのか、何の危険物があるか等を教育し、若手の運転技術を向上させ、災害を絶対に発生させない、安全第一の職場を継続していく。 今回の保安防災管理の内容は、若手の知識レベルUPに十分役立つと思われるので、今後は若手中心に参加させ、ベテランは復習の意味で若手3人に対し、1人、計4名参加させた方がよい。
<サンアロマ> ・講義の内容が濃く、非常に勉強になったが、講師の方が話す内容を一方的に聞くだけだったので、質疑応答を交えれば、さらに良くなると感じた。 ・安全に関する講義を受け、一人一人が安全意識を常に持つ事が重要である事を再認識できた。無災害を継続させるため、安全感度を上げる事が重要であるため、今後実践していく。
<JX> 労安法、消防法、石災法、高圧ガス保安法を主に短時間で多くの事を学んだ。法を守る事の大切さを改めて感じた。細かい管理数値? 詳細定義を把握する事は厳しいが、製造現場班長として、法によって労働者が守られている以上、「労働者の義務を守る」手順書、安全ルールブック等、会社で定めたルール。 今回、山陽人材育成講座に参加し、保安防災意識が更に高揚しました。
<JX> まず、2日間では密度が濃くて、内容がなかなか入ってこなかった。効率良く3日間ぐらいで詰め込みすぎないような講習にすると、より良いものになったのではないでしょうか? 内容は素晴らしいもので、高圧ガスに関わる全てのこと(法律など)が含まれており、大変参考となりました。 今後、社内では「保安法」「石災法」「コンビ則」など、法律に関わることを生かしていきたい。
今回の講義において、法(労安法や消防法)については復習を含めて身についた。しかし、保安技術的なものについては、生産現場の和にとっては難しく、むしろ設計や保合的なものであったと感じた。 ただ、保安防災のために、日常点検、ポイントをいくつか学べたので、職場に活かしたいと思います。
・機器開放→シングル弁の危険性。仕切り板等の対策は実施しているが、時価作業の解放時はシングルブロックが多い。シート洩れ確認は実施しているが、危険はある。設備改善、作業改善、トラブルシューティング要。 ・社内教育資料に反映させる。→伝達教育。 ・やはり全てにおいて現場の向上が一番大切であると感じた。  現場力を向上させる為には、繰り返し教育、又、KY活動等の安全活動を愚直に取り組む事が人用である。 知識は感性の源であるので、今後も自身、及びチームのスキルアップを行う必要がある。
自分たちが運転している装置の事を深く学ぶ事により、更に安定運転が実現出来て、結果安全につながると考える。 法律に関しても、「理解」する事が守る事になると考えました。 異常を発見する為には正常を知る事が異常を発見する事となる。 自動化などにより安定して装置を運転しているが、非常にはパニックにおちいってしまう。これらを防止する為には異常処置マニュアルを作っておく事が大事です。日常で非常時の訓練を行う為には、過去のトラブル事例を有効に活用する事が大事です。
部下へ教育を行う時に、非常に良い資料になります。 特に法令に関する部分はわかりやすいです。 計算が難しかったので、後で復習しておきます。 体験を交えての講義だったので、楽しかったです。
今回の教育の中で参考となった点や事例を係内の安全教育に活かし、保安防災に関する知識と意識の向上に努め、保安力のボトムアップに繋げていきたいと思います。
・保安4法を改めて学習し、忘れている部分を思い出す事ができたので、作業を行っていく上で、手法から外れていないか考えながら作業していく。 ・安全に関して、リスク低減する為リスクの存在を明確にしていく。
・遵守しなければいけない法律は多々あるが、見落とされがちな法律があるので、設備改造を行う場合は注意していきたい。 ・安全である事をあたり前と捉えず、常に危険がひそんでいる事を意識して日々の業務に取り組んでいきたい。
保安防災とは、「設備管理」にもつながっているというお話があった。 「異常」を検知するには、「正常」な状態を知る必要があるとのフレーズが印象に残っており、「現場」に足を運び、自分の目で確認するという事を今後大事にしていきたい。
保安防災維持管理について、若手に指導していきたい。 過去の災害事例について活かしたい。 今後もこのテキストを活用したいです。

 

保全管理・技術

山陽人材育成講座では、実際に体験できたり、カットモデルを生で見れたりと、設備が充実している。自社にも、こういった体験ができたり、カットモデルがあると、新人の育成に役立てることができると思うので、自社にも設備が欲しいと思った。
外観検査を行う時、重点ポイントを決めて行う事で、普段見えなかった事が見えるのかなと思った。 また、報・連・相・確認が最近のトレンドらしい。確かに、この4つは安全に作業する上で重要だと思うので、守っていきたい。
漏れにつながる不具合は、日頃のパトロールで気付くことができる。問題は不具合をそのままにせず、早めに対処することで、漏れや災害を防止できる。(保温の不具合や配管の振動など) 小さい不具合を放置せず、どんどん摘出していきたい。
コマ1での軸力計を使って、締結力を定量的に見れたのが良かった。 普段の作業では、大口径のフランジの締結はあまり行わないが、適正工具を使用し、対角に締め付けていくなどの作業要領を守らなければ、締結力にバラツキが出て、漏洩の要因となり得るということが経験できた。 また、全体を通して、5感を使った日々の日常点検が重要であるということを、再認識できた。漠然と現場に行くのではなく、点検する箇所の着眼的を日によって変えながら、抜けがないよう、現場パトロールする方法は、とても良いと感じた。今後の作業に活かしたい。
・フランジ面キズや締結方法、バンド締めやポンプ軸受部の温度管理、自主保安活動やパラダイムシフト、保全費のコストダウンとリスクの関係など、なるほどと気付かされることから改めて再認識した事など、とても勉強になりました。この講義で学んだ事を自職場でまずは自分から実施していき、また周りにも周知教育していけたらと思いました。 ・どんどん職場の皆さんがこの講義を受けてもらえたらと思いました。あと、保全費のコストダウンとリスクの関係は、上司とのコミュニケーションを取りながら、しっかりと考えていく必要があると感じました。
今回の講座では、「漏れ」に対する保全についてたくさんの事を学ぶことができた。 フランジ締め付け体験は、軸力計が取り付けられたフランジを締付ける事によって、締付けのバランス、締付け圧を目で見て確認する事ができた。 自社工場でも若手社員が多くなってきているので、この様な体験設備を導入してほしい。
個人的には作業効率化(パダイムシフト)の切る業務、切れない業務の峻別が意識の持ち方の切替に大いに役にたった。 講義の内容は石化、ボイラー設備など、馴染みのうすい物が多かったため、今一ピンとこない部分も多かったが、グループ討議で他社プラントの保全・運転管理の仕方などに触れる事ができたので、有意義なものとなりました。他社の良い所は、担当職場にも取り入れたいと思います。(ワッペンの使用、トルクレンチの購入検討など)。
私は主に、機械装置型の設備の保守管理に携わっており、化学プラントに関する知識も深めたいと思い、この講座を選んだ。 化学プラントで働く現場オペレーターの方から、現状の問題点、安全対策等の話も聞け、有意義であった。 担当外の工程には、プラント設備もあるため、この講座で学んだ視点で、助言・アドバイスができる。化学プラントでの事故・トラブルはリスクが大きい。その危機感を持って、設備の継事管理業務に従事することを後進に伝えたい。
本講義で一番印象に残ったのは、連絡体制の不備から起こる事故・労災についてだった。 運転・保全間での連絡体制はきちんと確保しているが、時々、連絡した内容が食い違うことがあるのも事実である。 その場合は口頭で伝達することがほとんどで、文章(手順書)として残していないことが原因であると考えられる。 今後は文章を残しておくことを意識し、連絡体制を確実なものとしておきたい。
自分の締付けトルクを把握出来て良かったです。 バンド処置や運転員の目線での講義もあったので、5年未満教育の一環として、全員体験して欲しいと思いました。

 

課題形成力開発

現場を見る際は、いつも通りで問題なしと考えるのではなく、常に課題を見つけようと意識を持つこと、心掛けようと感じた。また、情報収集の際は、目的・背景をしっかり把握して調査することで、効率良く業務に取り組みたいと感じた。
自職場では、業務・作業に関する作業標準書、手順書があるが、ついそれらに頼ってしまい、改善案や意見が出にくく、難しい面があるが、この講義で学んだ手法を実践し、全体のレベル向上に向け努力していきたい。
課題形成力を向上させる為には、日々の業務に対して常に「当事者意識」を持って、常にアンテナを張り巡らせ、潜在している装置の課題を自ら発掘していくことが大切だと思いました。 また、その課題解決に対して、期限を決めることも大切だと思いました。
・今まで以上に職場でのリーダー意識を持ち、グループ全員に当事者意識を持ってもらえるように、上司や同僚、後輩との連携を密に取るようにする。 ・前向きに捉え、枠にとらわれない、「ゼロベース思考」が出せるようにする。
今回学んだ課題の改善手法は、実際に実行していけば、効果を生むと思う(現場も参加して行えばの話だが)。 トラブルの対応は急を要するため、落ち着いてこの手法を行うのは難しいと思うので、設備投資の話などから実践していけば、部署全体のレベルがアップしていくと思う。
今回学んだことを改善活動等に活用していきたい。 課題を自ら見つけ、解決し実践し、又、グループ、他グループに教える事ができるように繰り返し使っていきたい。 課題形成力開発を学ぶ事で、現場でのテーマは多くでると思った。 「当事者意識を持ち」解決まで諦めない思いが必要!!
今では上司の言うことを実践したり、協力してやってきたことが多いが、今回の講義を受けて、自ら率先して課題に取り組んでいく基礎が出来たと思うので、更に講習や実践をして、職場で活かさないと意味がないので、積極的に取り組んでいきたい。
課題形成力開発講座を受講して、現状を変える為、組織の目的・役割の認識を自ら課題を形成して現場に対し、常に問題意識を持ち、自ら解決する事が大切で、強い現場力を構築し、索引していきたいと思った。 その為には、失敗を恐れず現状否定し、課題を見える化し、当事者意識を持ち解決まで諦めない様に努力する。 改善は永遠の認識を持つ。 ・職場メンバーに対しては、意欲、やる気UPによる活発な職場風土醸成し、あるべき姿に向かって一致団結する。
環境変化して適合するために、あるべき姿(どこまで考えるか、考えているか共有が必要)を見据えて、現状とのギャップを正しく把握して、取り組むべき課題(自分のこととしてとらえる、感性を養う、多方向にアンテナをはる)を発掘して解決します。(4H:Head Hand Heart Health) 一緒に考える、共感。求められるリーダー像を意識する→独自性、創造性、目的、価値主眼、統率力、使命感。 「目的は相対的」目的は何?の意味が重要、目的ありき。ゼロベース思考、工夫を刷り込む。形のなさない成果:成長、意識改革を重点化したいことだが、なるべく見える形で評価可能にしていきたい。
問題意識を持って、職務を行うようにと良く聞きますが、今回の講義で色々と考えさせられ、学ぶ事が出来た。 課題発見力、課題形成力、課題解決力を持つ事がより強い人を作り、目標を理解する事で、よりレベルの高い結果が出せる事につながる。 また、その力を持った人が多い程、強い会社となる事が特に心に残りました。 感性も必要ですが、問題を解決する為の課題形成力がすごくむずかしいが、身につけると、運転・設備以外の問題解決にもより効果が得られると思いました。 かなり難しく悩みながら演習をしましたが、まずは自小に活かして身に付けていきたいと思います。
今回、課題形成力開発という事で、課題の明確化、解決策立案、実行について学ぶ事ができました。「改善機会は無限、改善は永遠」という言葉は今後の仕事に役立てていきたいです。 懇親会については、三菱化学、クラレ岡山、JX、丸五ゴムの方々と意見交換ができました。どんな製品を製造しているか、プロセス、設備面など聞く事ができ、現在行っている仕事に共通する事もあり、有意義な時間を過ごす事ができました。
課題成形に重要だと感じた。項目は「問題を捉える感性」であった。 問題を問題と感じる感性が無ければ、課題として立案する事は不可能である。現場に潜在する問題は数多くあり、ある意味では宝の山だと思う。現場の現状を知り、問題意識を持って行動すれば感性が磨かれるはず。そして発掘した問題から課題にし、様々な手法を使って解決し、課題形成力が身に付けば「できる人」への好循環に乗ることができる。「できる人」になる為の足掛かりとして現場に対し、"問題意識"を持って行動していく。
今回学んだ解決策立案、実行の手順・手法をベースとして自課での不具合改善・省エネに努めていきます。 この手法を課内に取り入れることにより、個人レベルでの講習が課内で水平展開され、実行・改善することで、より良いものにしていきます。

 

現場リーダーの育成

現状のサブリーダーという立場の有り方、考え方、後輩への声掛け、指導の時の目線。職場の先輩方を見本にしつつ、今回の講習で学んだ事を折り交ぜながら仕事を行いたい。
リーダーシップをとっていくためには、相手に自発的に行動してもらう必要がある。その為に相手を知り尊重し、ある程度任せる環境作りが大切である。任せる勇気も必要。 また自分自身も信頼される技術を持ち、行動することを心掛けたい。
人を教育するという事の難しさに対して、再認識した。 相手が喜ぶ叱り方は、相手が失敗した時の自分の感情とは全く異なるものだったので、常に冷情でなければと感じた。 上司殿にもお願いしたい。
年上、年下関係なく、チームの中心的な存在になることで、リーダーに近づけると思う。 講義で学んだ事を実践していき、リーダーになれるように勤める。
リーダーシップというと、これまではチームメイト各々にできる限り干渉し、業務を率先することをイメージしていたが、「自己統制」を育む(促す)ことで、リーダーとチームメイトがwinwinになれることが分かった。 上記を含め、職場やプライベートでは、人間性の尊重を意識し、個性を生かしたスキルアップを目指す(自他共に)。
自らの能力向上も含め、今後部下がどのように育っていくかは、上司が荷う役割が非常に大きく、いかにやる気にさせる事が大切であるかを学ぶことができた。 ロールプレイングを通して、言葉での伝達の難しさを実感でき、部下・上司も含めてしっかり報・連・相する。
リーダーの役割として、他の人に人事を任せることも重要である。 ついつい手を出してしまうことが多いので、任せられるときは信頼して任せ、考えて作業してもらうようにしていこうと思う。良き人材を育てられるリーダーになろうと思う。
相手は機械ではなく、人間。色々なレベル・タイプの人が会社にはいるが、その人達をうまく動かす事は、簡単そうで難しいと改めて実感した。 今後は、当たり前の事を当たり前に出来て、安全・効率化…のみならず、仕事をしやすい職場作りに、貢献していきたいと思います。
・班長として、今回学んだ大切な事を活かして、会社で行動していく。 ・今回学んだ事をさらに勉強して、自分もスキルアップし、チームメンバーのスキルアップに貢献していく。
自己分析をしたことにより、将来のリーダー像が明確となった。多くの人の考えも聞くことができ、新しい発見もあった。 相手を理解するコーチングのスキルを磨きたい。
今後、班長として、直のリーダーをするかもしれない。 その時の為に、今回の講習で得た知識を生かして業務を行いたい。特に、同じ班員とのコミュニケーション・指導などには役立てたい。
今回、リーダーとしてこの研修に参加しましたが、ぜひとも、これからの若手にも学んでもらいたいと思った。 都市はバラバラだけど、同じ境遇の人達の意見をたくさん聞く事が出来、貴重な体験が出来ました。 少しでも理想なリーダーに近づける様、現場で活かしていきます。
この講義で学んだことを、現場に帰ってもう一度考え、自分自身が出来ることをしっかりやっていきたいと思います。そして、部下に「この人のために働こう」と思われるようなリーダーになれるように成長していきたいと思います。 どうもありがとうございました。
リーダーとして、若手への指導法やまとめ方等、いろいろ考える部分が、この講義を通してありました。 社内で少しでも活かしていき、リーダー像に近づける存在になっていけたらと思います。
リーダーとして、まだ勉強する事が多くあると感じた。 今までの指示の出し方では、メンバーのスキルアップにはならない。 今後は、メンバーのスキルアップになる様に指示を出したい。
・運転主任となる事を見据えて、これからの日々の魏要務でリーダーシップをとっていきたい。目標とする運転主任増を明確にしていく。 ・不足分については、これからもご指導お願いします。
今後、リーダーとしてチームをどう活性化していくか?どうすれば自主的に本人が行動してくれるか、考える立場として役に立つ講義でした。 保全業務として個人が自主的に行動する事はある程度出来ているとおもわれるので、個人の考え、意見を引き出せるように活かしていきたい。
他人力という言葉が心に残りました。 どんなに才能があっても、他人の力を最大限に活用できなければ、人の上に立つ資格はないという事を、心において仕事に取組みたい。
作業中よく口頭で作業指示を出します。小さなミスだからと言って、気にしていませんでしたが、口頭での伝達の難しさがわかった為、対策を考えたいと思います。
知識不足で言葉の意味が解らない事が多々あり、グループ内でおいていかれた面はあるが、このチャンスを生かす為に、再度勉強し、今まで読まなかった本を今後読み、スキルアップを図りたいと思います。
様々な演習(グループワーク)を通して、リーダー育成方法を学べた。 特に他の会社の方々の意見が色々と聞けて、面白い講座であった。 今回学んだリーダーの在り方を参考に、実際にリーダーをされている方と照らし合わせてみる。
参考になる部分も多く、自分の力が足りていない事が良く分かった。自分のスキルアップだけではなく、他人(部下)の気持ちを高める事が出来るように、この講習で学んだ事を活かしていきたいと思います。
会社での安全、リーダーとしての人の扱い方、またその考え方を日常業務の中で念頭に置いて先導していこうと思う。 自分自身に於いても、今回の講習で得た物を自分の行動に反映していきたい。
現場リーダー育成講座を受講し、リーダーの意識の持ち方、考え方を学ぶことができました。後輩もいるので、今後の指導に役立てたいと思います。 今以上に成長できるように、今後も様々なことにチャレンジしながら頑張りたいと思います。
今回学んだことを職場内でも伝えていきたい。 又、これから入ってくる新入社員に対しても、コーチングや安全に対して教えていきたい。
・今後の自身のスキルアップに活かしていきたい。 ・時期リーダーを目指すには、非常に良い研修であると感じた。 受講時期に関して、社内研修の「中堅社員特別研修」の前後1~2年の時期に受講した方が良いと思う。
・今回学んだチームリーダーとしての役割など、より深く知る事が出来ました。 ・今回学んだ事を、自プラントの安全、安定運転の為に活かしていきたいと思います。
誰かに仕事を依頼する際に意識すること、仕事の振り分けの際に大事にすべきことを学べたので、このことを実践していきたい。
まだ、班長になるのは数年後だが、後輩は育てないといけない。すぐ怒るのではなく、まずは『しっかり話を聞く事』を念頭に置き、接していきたい。リーダーとして引っ張る所、柔軟に対応する所のメリハリをしっかりつけたい。 2日目の講義だったが、時間効率が少し悪く感じました。

 

APT(運転体験)Aコース

講習自体、少し難しかったので、自分自身、もう少し復習なりしてから理解して、蒸留運転に役立てていきたいと思います。 ENG課のような普段DCSを触らない方が、この講習を受けるのも身になるのではないでしょうか。
蒸留塔や吸収塔は、組成をトレンドで確認できる事により、実際に変化している事が良くわかったので、パネル操作でも、そういった所を今まで以上に考えて操作を行っていきたい。
・トラブル、異常の体験はとても勉強になった。 ・運転体験シミュレーターが、現場に導入してほしい。 ・とくにトラブルシミュレーターが、トラブル発見のスキルアップになると思いました。
シミュレーションとしては、蒸留塔の組成の動きなど、勉強になるところもあった。現装置では感じれない変化等があり、面白かった。 会社の現装置で、組成も同じようにしたシミュレーションがあると、すごく勉強になると思う。
今回の運転体験の講習を受けて、改めて勉強出来て良かったです。 蒸留塔、吸収塔など、普段運転しているものをシミュレーションソフトを使って疑似操作して、圧力、温度の変化を見て会社に戻っても、今日の講習を活かして、DCSの監視、操作をしていきたい。
今回の研修で、理論的な視点から実際にシミュレーターを使い変化を見て、改めて理論的な視点の大切さを知りました。 現在の活動の中でも、理論的な考えが重要な事が多くあるので、今後、視野を広げた考えを身に付けたいです。

 

APT(運転体験)Bコース

様々なシミュレーションを体験出来て良かった。 会社にない構造や設備などもあり、学んだ知識で高品質につなげられる様に、今後に生かしていきてい。また、実際に起きた事故についても詳しく学べて良かった。類似災害を起こさないように努めていきたい。この度は、講義ありがとうございました。
自由にDCSを触れる感覚でシミュレーターで調整等行いました。 普段出来ないような操作や、逆に危険な操作等も行い、危険予知能力が向上しました。 異常の早期発見に素早く対応できるよう、これからもアンテナを張っていきたい。 とても有意義な講義であり、若手や操作に不安のある人は絶対に受けた方が良いと思える内容でした。
今回はシミュレーションという事で、通常の運転ではできない変動を加える事ができ、その変動を加える事で、どの様に変化するか体験できて良かった。 事故事例でもやったが、トラブルが事前に起こる事がわかっていれば、対処が出来る事がわかったので、会社に帰ってトラブル対応の準備を行いたい。
・教材や講義のレベルが少し難しいと感じた(難しい式など)。 ・PCによるシミュレーションは、現実では体験できないことが可能なので、とても勉強になった(百聞は一見に如かず)。 ・圧縮機によるシミュレーションは実際にも使うので、参考にしたい。

 

技術力強化コース(2017年度)

改革・改善力開発

今までが知識中心で物事を見ていたように思います。あらゆる仮説も考えながら、色々な対策(対応)を考えていきたいと思います。
1つ1つの工程を学んだ手法で改めて考え直していく。また、深い知識を身に付ける事が必要だと強く感じたので、今後はより知的好奇心を持って知識強化に力を入れていきたい。 今後も、このようなスキルアップができる機会があれば積極的に参加していく。 また、実作業中にも、今回学んだことの見直しを定期的に行っていく。
今回学んだ知識・技能を現場で活用し、改善に努めていきたい。又、現場で起こったトラブル等も、色々な人の意見を聞いて、対策を取り早急に改善することで、より良い現場にしていきたい。
色々と考え方の手法を学んだが、やはり考えるということは難しいと感じた。今後、様々な検討を行っていくので、今回学んだ手法を用いて、誰にでも理解・納得してもらえるような検討を行っていきたい。
あらゆる問題に対する改善方法を考える為の、様々な手法を学ぶことができた。 実際に現場で問題やトラブルがあった際に、今回学んだ手法を用いてトラブル対応していきたい。 また、改善提案を考える上でも活かしていきたい。
具体的手法は、これまで頭の中で行って来たことだが、紙上に(一種の)見える化することによって、いままでとは異なる視点で現象をとらえることが出来ると思う。
工程能力をUPさせる為、システム思考を用いて行えるのでは。 柔軟な発想を持つ事で、良い改善もできるようになると思う。 また、問題点を見つける視野も、多少ではあるが身についたかなと思う。
今回の講義では、感銘を受ける言葉が2点ありました。 まず、完璧主義を捨てられるか、ということです。私は職場のグループ内で意見を出し合う時にも、自分の考えが合っていないかもしれないと思い、意見を出せずにいることもしばしばありました。しかし、その意見が合っていたり、間違えていてもその間違えた意見から新たな考えが生まれるかもしれないと感じました。 2点目は、最終目標から考えるということです。できること、可能な事しか考えられないでいましたが、今後は職場改善において、最終目標から考え、その目標達成のためにできることを考えいこうと思います。
小集団のリーダーとして、自ら問題を見つけ出し解決させる為には、本講義で学習した内容・手法を使用する必要がある。又、繰り返し行う事でレベルが上がっていくと考える。
社外の人物と議論することで、新しいアイデア等が出せるという事が再確認できた。 社内では、部署の違う人や中途社員から、前の会社での情報等を聴く事でも、色々な意見やアイデアが聞けるので、改善・改革というのはできると思う。
改革・改善する課題は山ほどある。それらを解決していくための、良い思考法を学べた。 日々の業務に落とし込み、思考の仕方から変えたいと思う。 ※講義について  技術寄りな内容だった為、演習などでは事務として入っていけないところがあった(専門知識など)。事務の参加者も増やし、事務のテーマで議論してみたい。
改革・改善力開発、一言で直感で行動すると危ないイメージがありますが、直感的な発案を基に係内で話し合い、最善の方法を取る。能力の使い方によっては、安全に計画的に直感を活かす事が出来るのでは、と考えました。 直感的に、感じ、考え、行動のとれる作業者、チームを目指します。

 

腐食を考慮したプラントの安全運転

腐食はプラント運転において、非常に重要な事例だと思います。自職場では1つの反応器を多種にわたり、色々な薬品を使用しています。薬品のみの原因だけではなく、今回学んだ事も、重々頭に入れて、多管的にプラント管理を行って行きたい。 又、プラントにおける腐食防止の為の改善(洗浄方法の見直し等)なども取り入れて行きたい。
現場の設備、特に配管は非常に古く、トラブルが近年多く発生しているので、今回の講義で勉強したことを少しでも現場に生かし、トラブルを未然に防ぐようにしていきます。
学んだ事例と、原理・原則を生かして、現場の環境や材料等、再度、精査して設備管理に役立てていきたい。
今回の講義では、今まで習って来た腐食に関する事の復習と、1ランク上の事が学べたように思う。 講義で教えてもらった事を、自職場でも使う事が出来る様に、今一度、教材を見直して身に付けようと思います。
すき間腐食や、付着物による要因の事例が多いと感じた。 施工上、材料の選定やすき間を作らないように設計すること。また、開放検査での原因特定ができるよう、今回のことを活かしていきます。
解析材料の糧にして活用していく。 バイブルとして保管させていただく。 以前より気になっていたが、社内で間違って技術伝達がされている。ここで強く説明できるので、間違いは正したい。
既存の設備、新増設する場合、今回学んだ事も考えていきたい。 あらかじめ付着物等の情報提供をしっかり行い、長年にわたりトラブルのない設備としたい。 その為にも、他部署とも風通しを良くして、意見交換を十分行おうと思う。
流動腐食や伝熱面腐食等、今回学んだ腐食が自分の担当する装置のどこに当たるかをしっかり考えていきたいと思います。また、統計学を用いた余寿命評価について実際にできるかどうか検討してみたいと思います。
多くのトラブル事例を学んだが、原理を理解し、設計・施工・運転時にリスクを考慮して管理を徹底していれば、防止できるものがほとんどだった。設計・施工に関わる職務なので、リスクを理解し、トラブルを未然に防げる様に、今回学んだ知識を活かしていきたい。
検査履歴を整理する仕事があるので、まずはこの仕事の中で防食対策実施状況、腐食管理状況を確認する。 未実施ヶ所については、2017年の定期修理にて確実に実施できるようにする。
起きてしまったトラブルの原因の究明や改善の県都をするための手掛かりとしたり、設備の改善を考える際に、過去の事例を振り返ることで、トラブルを未然に防げるように講義内容を活かしていきたい。
腐食に対しての対応は、因子・材料・構造など、根本の改善が必要と感じた。 腐食ラインは整理できているため、各機器の材質・保温施行に関して確認していきたい。

 

化学工学通論

実設備での計算や設計は、演習問題のように答えが出てくることは少ないですが、知りたい数値を導く手段や、基本的なところを学ぶことができたのでとても勉強になりました。 ありがとうございました。
化学工学を学んできた人にとっては、講義のほとんどは、すでに学んできたことであった。 しかし、それぞれの章の最後では、大学では勉強していなかった事や考え方であった為、それらは、会社で仕事を進めるうえで、役に立つのではないかと感じた。 また、大学で学んだ事の復習になる良い機会だと思う。
数式などから、機器のトラブルを理論的に説明して頂いて分かりやすかった。 研究所では化学工学に詳しい者が少ないので、もっと参加者を増やしていきたい。 テストは難しかったです。
学生時代は機械系専攻でしたので、化学工学について学ぶ、良い切っ掛けとなりました。 現在の部場は化学工学とは縁が浅い部場ですが、電熱は関係があり、復習することができて良かったです。 電熱関連機器は多いので、詳細な計算をする場合の知識の基礎として役立てることができそうです。
化学工学を学んだことがなかってので難しかった。 テストでもわからない問題が多かったので、復習しようと思った。 設計することがあるか分からないが、工場の設備について理解できるようにしたい。 ありがとうございました。
最初のレベルが違うのに、同じ講義で良いのか?という疑問はありましたが、一から学べる機会というのは非常に重要であると感じた。
化学工学の基礎を全く知らなかったので、この場で学ぶ事が出来てとても有意義だった。 しかし、素人の私にとっては少し難しかった反面、専門の方には易しかったようなので、コース分けを行っても良いかと思った。
今回の研修で、流体・熱・吸収などの基礎的なことを学ぶことができたので、これからは実プラントで、様々な化工計算をして学んでいきたいです。
・実際にあったトラブル、事故等を化学工学を交えた形で紹介して欲しい。 ・化学工学のバックグラウンドを活かしながら仕事に努められるように、今回学んだ内容を強固なものにしたい。 内容すべてを十二分に身に出来なかったが、今後の勉強のモチベーションになった。 これからの会社の中で、加工を必ず使うと思うので、若いうちにしっかり勉強したい。 3日間、ありがとうございました。
短い期間で化学工学の重要なポイントを学ぶことができて、有意義だった。 学生の時に学んだことが無かった内容が多く、勉強になった。 演習問題を解きながら、指導して頂いたので、難しい内容でしたが、ある程度理解することが出来た。 ハイボア向上には、蒸留塔や吸着等が多く有るので、化学工学の観点から考えてみたい。 基本を勉強しなおして、さらに難しい内容や応用にも挑戦したい。 とても丁寧にわかりやすく指導して頂きましてありがとうございました。

 

反応工学

学生時代も同様だったのですが、式を導き出しても、その式が何を意味し、何に役立つかということを、あまり意識せずに使っている傾向がありました。 今回は公式を元にして、例題や演習問題を解き、各公式を用いて化学反応に必要な反応時間や、エネルギー等を求め、理解することができたと思います。 安定操作については初めて勉強した分野で難しい内容であったと思うものの、わかりやすく解説して頂き、今後とも続けて欲しいと思いました。
これまでに学んだことのない内容を学ぶことが出来たので、有意義な研修であった。しかし、これらのことが自分の業務のどこに生かされるのかが未だわからず、の状態なので忘れずにする。 テキストの内容、説明はわかり易かったが時間が余ったりしていたので、補足説明を更に加える等してほしい。 私にとって難しめの内容ではあったが、基礎的な内容でこの分野に触れるきっかけには、丁寧良いものだったと思う。
電卓を使うことを受講案内に記載しておいて欲しかったです。 数式の導出はできるだけ省いて講義をして頂いたので、理解しやすかったです。 確認テストが難しくて時間がもう少し欲しかった。 懇親会が楽しかったです。
受講者の理解度に気を配っていたり、質問にはすぐ調査・確認して返答されていたので、聞く側としても集中することが出来た。
全体的に時間が余っていたので、もう1つ程度、反応器の設計について、例があっても良いと感じた。 資料はカラーの方が見やすくて良いと思う。 講義は目的と目的に対するアプローチが明確で、分かりやすかった。 初めて聴くことが多かったが、よく理解できたと思う。

 

リスクマネジメントコース(2017年度)

ヒューマンエラーの要因分析力と安全推進活動

ヒューマンエラーを学問的に分類・整理して説明頂き、非常にわかりやすかったです。研究開発部ではありますが、部署の安全活動の考案・改善に撃げていきたいです。 (特に、"感情"にも注意を払うべき、という点が勉強になりました。)
人間は、必ずエラーを起こすと考えなければならない。その為にも人間の特性を理解し、エラー率を下げる改善が必要であり、色々な対策を打つことができることを学んだ。 その手法や考え方を安全活動に取り入れると共に、感情面に重きを置いた安全教育を実施し、安全な職場にしていきたい。
普段あまり気にしていなかった目線についての、気付きと認識について大変勉強になりました。職場に持ち帰り、今後の安全活動に生かして行きたいと思います。 3日間ありがとうございました。
無意識はミスを犯しやすい危険な状態である。 意識を集中する為に、ベストなコンディションで仕事に取り組める様に準備し、本当にこれでいいのか?と自問自答しながら、納得した上で、仕事に取り組んでいく。 そして、ミスを犯した際は、その事実を重く受け止め、次のステップへつなげていく。
ディスカッションの場面では、他の事業所の設備でのヒューマンエラーについて議論しましたが、話を聞いてみて、自分の課の設備は自動化、遠隔化が、わりとされているんだなと感じました。これも、自分が保有している設備がよく見える、保有効果なのかもしれませんが…。 現状を維持するだけでなく、より安全に単純に、運転が出来るようにしていきたいと思います。
村田先生の講義は非常に分かりやすく、勉強になりました。文を読むことより、図や写真を多く使って説明していただいたので、目から情報が入ってきて理解が深まりました。 「少しの工夫で大きな成果が出る」「結果だけ良かったらよいではない。こう言う理由で結果が良かったと言えないといけない。」「フレーミング(一つの方向だけから物事を見ていると間違えた判断になる)」、以上の言葉が参考になりました。 クラレの仕事に活かし、皆さんに情報を伝えるようにいたします。 ありがとうございました。
今回の講義を受けて、今までのヒューマンエラーに対する考え方が変わりました。個人、チーム、組織それぞれのヒューマンエラーがあり、色々な手法で理論を学び、大変勉強になりました。職場に帰り、一番に実行したい事は、チームの起こすヒューマンエラーについて考え、そして話し合いたいです。 残念ながら、私の職場では、チームとしてのコミュニケーションがうまくいっているとは思いません。私は今一番、それを何とかしたく思っており、良いタイミングで、今回受講させていただいたと思っています。チームとして自分を、仲間を守る為に見て見ぬふりをせずに、今回学んだ事を経験で終わらせず、活かしたいと思います。 最後に3日間、熱心に講義して頂き、大変有難うございました。
・知識と経験が重要であり、ノウハウの伝承をどうしたら良いか、今後の課題と考えさせられた。言える化・聞ける化の文化が大事であり、コミュニケーションや情報の共有化をしっかりする事や、運転支援ツールの有効活用、手順書への反映等で、形に残す様にしたい。 その為にも、異常判断訓練や、リスクアセスメントだけでなく、定常作業における手順付属書の、読み合わせ等の勉強会を、班員でしっかり行う必要があるのでは?と感じた。 ・歓送迎会以外で、定期的なFCC会をしてはどうか?(意見交換の場)、他係との混合等。 ・スラブルに対し、受け身がちや、他人任せな部分があるので、意識を上げる為に、トラブル・不具合が起きた場合に勉強会を計画したり、繰り返しさせない対策案を考えるように、保推の業務として取り組む。
どんなに能力がある人が複数人いても、誰かがやってくれるであろうという意識では、チームとしてのパフォーマンスが低下してしまう。 職場もチームとして動いているので、全員が当事者意識を持って働いていけるような声かけをしていきたい。
ヒューマンエラーのヒヤリは職場でも毎月でており、今回学んだシステムとの組み合わせによって防止できる箇所がないか、見直していきたいと思う。また、ヒューマンエラーをゼロにすることは難しいが、マンマシーンシステムの構築によって防ぐことや、被害を最小限に抑えることができるということを、後輩に教えていきたい。人間の特性についても職場に戻って伝えていきたい。RCAと分析は今回初めて学び、職場ではなかな浸透は難しいかもしれないが、少しづつ勉強して分析をしていきたい。 今後、私も様々なマンマシーンシステムの構築を職場で行っていくと思うが、その際は人間工学・認知工学に基づいて設計できるようにしたい。
認知という、今まであまり意識したことのないことを多く学べ、非常に有意義だったと思います。事例検討の際に大いに活用していきたい。 エラーが起こらないようにする危険予知の段階でも活用していきたいが、今回の講座はあくまで要因分析ということなので、そこまで活用するのは難しいかと、正直感じている。現場としては、そもそもエラーが発生しないようにというのが主であるため、今後「認知バイアス」というものを活用した、危険予知の講座などが開設されれば、ぜひ参加させて頂きたいと感じました。
ヒューマンエラーが発生するには、必ず背後要因で4つの"M"がある。 背後要因には何があるか、トラブル・ヒヤリ事例検討において常に考えて、その要因に対する防止策を検討し、対策を取っていきます。 また、現場においても誤操作につながるような表示になっていないか注意深く観察し、改善を図っていきたい。 体調管理についても、疲労・ストレス状態ではミスを起こしてしまう可能性がある為、組内メンバー全員が体調の良い状態で仕事が出来る様、時間外管理もしっかり行い、無理せず確実に作業していきたい。
・エラーは100%なくなることはなく起きてしまった。起こしてしまった後のリカバリーが重要で上手に付き合っていく事が大切だということを念頭に入れて、リラックスして行動していきたい。現場で日頃からよく使うしさ故障もエラーを0にする絶対的なものではないことが、再認識できたので指差と呼称を確実にやってできる限りエラー0となるものにしていきたい。また、エラーにはストレスも影響し、個人の受け取り方、耐性も違うのでミーティング時の指示の出し方、日頃の言動に注意し組員に過度なストレスを与えることのないようにし、疲労も管理できるもの、するものなので組員の体調や言動の変化に注視していきエラー0を目指す。 ・今現在、月報の記録採取、データ入力を夜勤でやっているが、その時間帯が人間特性(サーカディアンリズム)から見ても意識レベルが低い時であるし、統計からみても事故が一番起こりやすいという時間帯なので、日報作業を必要最小限な作業量に減らすことはできないか。
「人間はミス(エラー)をするもの」という、人間の特性を考慮した上で、ヒヤリやトラブル(自部場の場合、「やっちまったカード」)に対する対策を考えていきたい。 今回のコースは多数の事例も取り上げられているので、見分を広める意味でも、定期的に自部場からの受講を勧める。

 

製造設備のリスクマネジメント

リスクマネジを行う上で、色々なツールがあることを教わりました。 FMEA、フォルトツリー、HAZOPを実際の設備で確認したいと思います。 まだまだ人には説明できるレベルではありません。
・リスクマネジメントは潜在的危険の気付きが重要であり、各評価手法の違いも理解することができた。今後は知見を補うために、各事例を活用してゆきたい。 ・変更管理の重要性についても、理解(再認識)する事ができた。  キーワードである「透明性」「共通性」「対話性」を意識してゆくときに、定期的な教育が必要であると感じた。
各リスク評価手法について、理解を深めて正しくリスク評価を行い、リスク低減を行うことが大切だと思った。 変更管理を行う上で、リスク評価が重要になってくるが、リスク評価には多くの人と時間が必要になる。何が本当に重要なのか、優先順位を明確にする必要があると感じた。

 

CSRとコンプライアンス

私の立場として、ストレスチェック制度の運用、パワーハラスメント課題が印象に残った。 原因は人間関係なので、そこを十分理解したい。
製品等の情報を社外に提供している品質保証課で仕事をしているので、コンプライアンスは意識していましたが、今日の講義では私の知らなかった違反事例の説明から始まり、具体的にコンプライアンスについて学べたので、先ずは部署・事業所のスタッフのコンプライアンス意識を向上させるために周知していきます。
2000年になってから、CSR・コンプライアンスが行われるようになって、業務内容が大きく変わっている。深く重くなっている。 それに見合う人事を行わなければ、マネジメントが出来ない。 増員であったり、体制、理念周知の回数を増やすべき。

 

現場のリスクマネジメントとリスクコミュニケーション

リスクマネジメントとリスクコミュニケーションの進め方について、深く理解をすることが出来た。講義では企業と地元住民との関係であったが、これは部署に置き換えると、管理者と作業者になると感じた。今日学んだ手法を生かし、リスクに強い部署にしていきたい。その為には対話を進め、風通しの良い部署になるよう取り組む。
・事前にリスクを想定する(現場の意見の洗い出し)。 ・リスクを受ける人の判断を尊重する。 上記を考慮して、今後生産部へ安全安心な設備を提供していく。
仕事の取り組み方、コミュニケーションの必要性について、改めて再認識することができた。 若年者の教育に取り入れていきます。

 

コミュニケーション力開発

 

他人を変える事は出来ないので、自分を変えれるところを見つけたり、これからの人間関係に役立てていけたら良いと思っています。  岡崎先生、本当にありがとうございました。 わかりやすく、色々な話、講話、ありがとうございました。これからの色々な場面で役立てていきたいと思っています。
部の育成だけでなく、対人関係を築く上で使っていきたい。 岡崎先生には、個人的に相談に乗っていただき、ありがとうございました。 アドバイス頂いたことを実施し、より良い対人関係を築いていきたいと思います。
人と人との付き合いは大切で、言い方1つで捉え方も番うと思うので、何気なくしゃべっている事にも気を付けて、これから人間関係を作っていきたい。上司に対しても、今回の受講を生かして、人はそれぞれだというふうに思い、自分が受け入れようと思います。
・今回学んだ事を活かし、職場全体が明るく活気のある職場、又、ベテラン、若手が何でも言える職場にしていく事が出来ればいいと思います。 ・ゲームは面白かったです。 ・色々な事がいい勉強になりました。明るいリーダーになりたいと思います。
良い講習会に参加できました。 パーソナルスタイルに合わせた声掛けが、相手のモチベーションを上げる事ができる。 どのようなパーソナルスタイルか考え、適切な対応をとっていきたい。
各人のパーソナルスタイルを把握し、理解した上で対応できるようにしたいです。 また、班員の育成状況を見極めて、それぞれの支援、指示を行っていく。パーソナルスタイルも班員の状況も、すぐに適切な対応ができないため、今後、訓練を行いながら業務へ活かしていきたい。

 

事故事例から学ぶ化学プラントの防災

講義は実例で説明されており理解しやすかった。社内の教育や改善活動の切り口として活用させて頂きます。講義内容は確かにそのとうりだと思うことばかりであるが、現実は人も減り、お金も限られているので、改善したいが出来ないのが一番の問題と感じました。
社内、社外、海外の事故事例を数多く知る、研究する事で、自分の担当する装置へのフィードバックは有効であると感じた。 また、多くの事例も、原因、パターンは同様の事例がほとんどである事、それらを次の世代へとしっかりと伝える事、「人間」を育てる事を念頭に、教育・指導する事が、これからの自分の立場として求められているとも感じられた。
今講義は、化学プラントの防災に対して、人間・機械・マネジメントという多方向からの観点で考察していくことにより、理解し易いだけではなく、自分の職場に効率よく反映する事が出来る、有意義なものでした。 資料と動画解説も非常に良かったです。
職制・スタッフ・運転直員・工務など工場の受講する価値のある講義だと思う。 改めて化学工場の事故の恐ろしさを知ることができた。 自社でも十分起こりうる原因で起こっている悲惨な事故もあるように思う。 映像による事故の紹介が分かり易く非常に良かった。 今後、社内でも化学塾の創設など計画されているが、映像や画像(アニメーション)を上手く利用すれば、より伝わり易いかと思う。
設備面や物質の危険性の知識が乏しかったですが、原理原則を少し知ることができました。職場環境を思い浮かべると、「この配管にはバイパスを付けた方が良いのではないか?」、「何故このような設備なのか?」、「ここは危険ではないのか?」と多くの疑問が出ました。 少しの知識と見方を変えると、ここまで変わるのかと自分でも驚きました。作業にしろ何にしろ「思い込み」をしないよう、知識の向上、事故事例を知り対策を考える、さまざまなトラブルを経験してきた先輩が定年退職するまでに、多くの経験や知識を学び、事故を起こさないよう、この思いを実践し社内で活かしていきたいと思います。
今回の講義をうけ、「人」「設備」「物質危険性」のどれか一つが欠けると、事故が発生する。その中でも「人」が原因のものは50%を占めているため、「人」に対する教育・指導・技術継承をOJT、OFF-JT、Know-whyなどのツールを用い、後進部員の教育を実施する。
設備の精度向上と、人の成長とのバランスがうまくいかないと事故防止とならない。事故事例から学んだことを単に聞かせるだけでなく、体験できることは体験させ、作業の必要性も伝えていきたい。コミュニケーション不足も事故が減らない要因の一つ。 日常のコミュニケーションの中から、様々なことを学び取る機会や習得をさらにもつよう努めていきたい。
・今回の講義は自分にとって非常に意義があるものだった。 ・特に若手への技術継承へ不安を抱えていたが、Know-whyの重要性、失敗体験、応用問題が解ける人づくりが重要である事を理解する事が出来ました。 ありがとうございました。
・自職場のプラントが建設から18年たっており、腐食や設備災害の事例を念頭において、プラントの見直しを行う(今まで大丈夫だった部分を見直す)。 ・本講義については全社員が受けられるようにして欲しい。
最近当社でもヒューマンエラーが起因するトラブルが多発している。 ヒューマンエラーを防止するには、ハード・ソフトの対策が必要であるが、最終的には人を育てる事が必須の対策となる。 ノウハウだけでなく、ノウホワイを取り入れ、「なぜ」を理解させる事が人を作る近道となると思いました。
ミス、トラブルが発生した際、記録として残し、教育事例として役立てる。 その際、写真やイラストを残して若い人でも理解出来るような工夫を行う。 また、OKB入力時にも、現象・原因・対策・結果を忘れずに入力する事で、同じトラブルが発生した場合に役立てるようにする為、入力方法を係内で教育する。
様々な事故事例から自職場でも類似する事故が発生する可能性が多く考えられる事から、マニュアルの見直しや日々発行している指示書へは、ヒューマンエラーを起こさせない、災害を起こさない様に作成し、0災に努めます。 講義ありがとうございました。
・Know-whyのわかる基準やルールをつくることを心掛けていきたい。 ・動画や音源を使った教育は、自部署でも取り入れていきたい。
OJT教育では、一方的に教え込む部分が多かった。 自動化が進み、運転トラブルが減少したことで経験不足になっている。 1.日常のコミュニケーションを行う。 2.やってはいけない事と考えさせる事。 3.仕事のコツとポイント(失敗談も交えて)。 4.講師の教える技術の向上。
・RC年間活動計画に事故事例(教育)をOJT教育にもり込み、活用していきたい。 ・「学び方と記憶の残り方」「OJTによる技術伝承の問題」等の、OJTによる人材育成の問題点を実践して行ける様にしたい。
爆轟のすさまじさや、粉塵爆発が何度も発生する現象など、なかなかイメージできないものを映像で見る事は理解し易く、心に残りました。
事故には機械的な原因と人的な原因があるので、日々の作業を進めて行くうえで、いろいろな角度から自職場の装置、作業方法を見直し、事故の未然防止に努めたいと思います。
具体的事例や映像で見ることができるので、理解しやすいと感じた。 継続的に社内のプログラムにも組み込んで受講するようにしていきたい。 また、1度受講したものも社内の教育等に通じて、意見や感想を共有化する事により、今後の安全文化の醸成に活用していくようにしたい。
緊急時のマニュアルや対応訓練の内容が現状の物は不明確であると感じる部分が多い(暗黙知の部分が多い)。手間がかかり大変だとは思うが見直しをかけたい。
現場パトロールにおける自身の点検ポイントの見直しにつながる講義内容だった。 後輩の教育に対しても、従来の教え方だけではない新しいアプローチを取り入れるきっかけになりました。
数多くの事故事例からの教訓を経て、今の安全に配慮した職場があるが、操作ミス、確認不足により簡単に大規模な事故に繫がる事を再認識した。 自職場での定常作業時でも同様である事を理解し、手順やルールを守る大切さを周囲にも伝え、より安全な職場にしていきたい。 定修での非定常作業でも同様である事を理解し、手順やルールを守る大切さを周囲にも伝え、より安全な職場にしていきたい。 定修での非定常作業は「本当に安全か?」を作業の前後に再確認していく。 講義を通して学んだ事、感じた事は多々有り、これからも職場の方を受講させて頂きたいと思いました。
知識のみの教育(座学)が多く、体験学習が少ない。 今回の講義は映像が多く使用されている為、言葉や文字だけでは伝えられない危険度が良く伝わってきた。
・他社の事例検討の継続の重要性。 ・装置の弱点・故障などを設計、メンテナンスに活かして行く。
研究部場であるため、スケール的な事例はそのまま設計思想に活かせないが、視点・教育・訓練は人材教育に活かせます。 マイクロ装置のKY・自分たちの技術をスケールUPする際の考えておくべき事、学べました。
実証設備のマニュアル作り、安全設計等に反映させていきたい。 本講義は、もう少し若い年齢層にも受講させた方が、安全感度向上につながると思いますので、ご検討頂きたく。
事故は何故起こるのか再認識した。 今回の講習で学んだことは安全会議等で紹介し、メンバー全員の安全意識向上に役立てる。
爆発にいたるまでのプロセス、影響、現象について理解出来た。 現在、保安防災技術伝承活動に力を入れているが、爆発の恐ろしさを改めて感じたので、自部場のハザードAランクについて、細かい部分まで検討・想定を行い、事前に訓練する事で知識を深め、火災・爆発につながるようなトラブルが発生した際にも、パニックにならないよう訓練を行う。
・若手教育やDCSアラームマネジメント等、今回の事故事例から学ぶべき事が沢山有り、社内の教育にも大変役立つ講義でした。 ・但し、製造部門だけではなく、技術、設備管理、環境保安と項目別に自プラントに落とし込んだ資料を作り、教育しなければ効果は無いと考える。 ・あとは、実際に上司を含め、出来る限りの社内のメンバーが受講すれば、社内の安全意識向上が更に推進できる。
事故につながる1つの理由として、「原理・原則」の無視、または理解していない、できないという事があげられると思う。自社的には、入社時~5年目、あるいは7年目まで研修を行っているが、研修のない間は各ショップのOJT教育であるため、教える側が「原理・原則」を理解していないと、何をやっていることやら解からない。 今、研修を受け、一般職~監督者層までの教育を再度行う必要があると感じた。
取り扱い物質の危険性へ、教育・運転マニュアルの重要な運転条件等の整備や、トラブル時の対応、訓練の充実をしていかなければならないと思った。
今回の講座で正しい情報や操作を伝えることが難しいと感じた。 人はミスをおかすので、人がミスをしても危険のない設備が必要であるが、危険を危険と感じる感受性も必要と感じました。災害を防ぐためにも異常を早く見つけ、災害になる前に対策をうてるようにするためにも異常を早く見つけ、災害になる前に対策をうてるようにするため、事故事例などでよく考え、感受性を高めることが重要と感じました。そのためにも職場の環境を良く保たないとならないので、コミュニケーションを行い、部下に感受性が向上するよう教育を行います(教材がカラーにしてほしい)。
今回の「事故事例から学ぶ化学プラントの防災」の講義を受講しましたが、この山陽人材の講義はプラントのオペレーターとして働く者には、最低限必要な講義ばかりなので、われわれの職場全員に受講してもらいたいと思います。
理解して作業していた事が、完璧でない事もあると、この授業で気付かされた。 自分が行う作業を周囲に知らせる事で、自分の知らないイレギュラーな状態だったとしても、把握する事が出き、エラーを防ぐことが出来る。報連相の重要性を知った。社内でも作業を分担して行う時には、ホワイトボード等に、「誰が何をする」をはっきり記入する様、心掛ける。
知り得た知識について、課内での周知を図る事と、今回の講習での気付きについて、課内基準書等の確認を図り、修正箇所があれば周知を行いたい。 上司については常日頃より、都度、危険物質について(特性)や、作業における注意点等のフォローは受けている。課内全員で(立足は関係なく)業務に取り組めている。
安全を保つためには、設備のつくり込みも大切だが、人づくりが一番だと感じた。 その為にも、教育・技術伝承に力を入れ、know-whyやべからず集の活用を行っていこうと思いました。
資料にイラストが多く、非常に判りやすい、タンクの減圧や腐食、エロージョン等、職場内で紹介、教育に使用したい。この講義は非常に幅広く事故事例を説明してくれており、現場で即活かせる情報と思います。次回は現場のリーダークラスにも受講してもらう様、職場で提言したいと思います。
事故を起こさないシステムが必要。  ① 人:教育(事例・技術/技能伝承・OJT)  ② 機械:整備周期、不具合がない整備  ③ 組織的管理:マニュアル、変更管理
人は忘れるものですが、学んで経験して育つ事も出来るのだと知りました。まだ未熟な私ですが、こうした講義から限られた時間で学んで行こうと思います。  今後は、教える技術を学んでいこうと思います。
非常に良い講座の為、全員に受けてもらいたいと感じた。 (理由)・爆発や混触の危険性が動画で見られる。  ・過去100年の事故事例も、教訓が書かれており安全への考え方が学べる。  ・変更管理をする上で絶体に必要な情報である。
化学プラントの防災を実際に発生した事故から学ぶ事は、発生事由や再発防止の観点より、非常に有効であると考えます。 この内容は広く職場全体に教育すべきであると考えますので、安全懇談会等にて、パート毎に紹介し、特に新入社員等の理解が深められるように教育していきたい。
自職場に於いては、古いプラント・危険物を取り扱うプラントが多くあり、手順書・作業標準等、充実はしているものの、まだ曖昧な表現やキッチリ表記されていない部分もあると考える。 今回、学んだ内容を活かし、不足部分の見直していきたい。なお、今回参考にした他社事故事例を若手やメンバー等への教育の資料とし、職場全体の防災のベースアップにつなげることができればと考える。
日々行っている一つ一つの操作や扱い方の重要性を改めて認識できたことを、ミーティングや現場のOJTまた、細かなチェックを日々実践し部下の教育につなげたい。 今回のような講義は、幅広い層で行っていただきたい。
現在、課内でのヒューマンエラー活動や、新入社員の教育を行っている。ヒューマンエラー活動では、色々な考え方をしながら行っているが、今回の講義にて新たな考え方が増えた。新入社員の教育に対しては、今までは教えてきた注意事項にプラスαの教育が出来る知識を得たと思う。 要望としては、安全懇談会等で映像(動画)を取り入れて行えば、色々な年齢に対してイメージをつける事が出来るのではないかと考える。
直接業務に直結する内容が数多くあるので、非常に有意義であった。 事故や安全を考慮して業務をこれから遂行していきたい。 人を育てることのヒントをもらいました。明日から実践します。
4章は運転操作の基本原則とも関連があり、基本原則を教える際にあわせて事例紹介を行えば効果が大きいのでは感じた。 HMI技術・技能教育のオープン講座に、本講座の真似をした内容を追加してはどうか。
現場パトロールで注意すべき点、確認することが今日の講義で受講前より知ることができた。現場パトロールのリスク、非定常時の視点、確認する場所を見直していきたい。
漏れる=トラブル火災、が災害の90%というのには納得。漏れはトラブルの主要因。点検巡回に落としていく。当たり前のことではなく、「気付きにくい事」を教えるという事は、実際には難しそうであるが、過去のヒヤリ災害も計画的に教育していく必要があると感じた。
設計担当です。現場の運転員に設備の事をもっと知ってもらいたいと思いました。 プロセスKYを企画していきたいと思います。
様々な映像があり、体感的に事例を学ぶ事が出来た。 この教育方法を活かして、職場のレベルを上げていきたい。
設計思想や技術伝承などの伝えたい内容を明確にした。要領類の作成と「なぜこの手順と方法で作業をするのか」という基本を確実に伝わるようにオペレーターへの指導を行っていきたい。
・蒸気による洗浄時にも静電気が生じる。水やガスによる置換を行い、安全作業したい。 ・変更管理、リスク管理を作成する時、想定される危険をより深く考えるようにしていく。 ・行いうるヒューマンエラーの対策をしていく事で、事故のリスクを少しでも多く軽減できるように、日常業務で意識をしておく。 ・断熱圧縮による「昇温、加圧」の危険性をよく理解していなかった。高圧物質を取り扱う際に注意していく。
今回学んだ知識を日常の作業で活用し、事故トラブルの防止に努めたいと思います。危険のポイントや事故の恐さをく理解できたので、非常に有意義に感じました。上司の方への要望としては、より多くの人へ本教育を受講してもらい、知識を共有できたらと思います。
設備の設計、メンテナンスに生かしていきたい。 特に、今まで気づきにくかった、運転上のヒューマンエラーなどの理解が深まったことで、今回の事例を生かせる設計をしていきたい。 また、自身の持つ経験、知識を伝承していきたい。
今回の講義を受けて、事故は人が原因となって発生する割合が非常に多いと感じました。そのため、フールプルーフに対する対策を徹底していきたいと思いました。また、機器が原因となって発生する場合もあるため、十分に検討し設計を行っていきたいです。 とても勉強になる講義でした。今回の講義以外にも積極的に参加していきたいと思いました。

事故の教訓から学ぶリスクマネジメント

今回、化学プラントの事故事例より、危険源を考える切り口を学んだ。 1.事故の引き金(物質・人・設備)、2.安全管理(リスクマネジメント) 我々の部署は、化学プラントまで危険源は多くありませんが、日々の設備保全の考え方など、十分に役立つ講義であったと思う。 仮設工事でも、しっかりと変更管理を行い、情報の共有を図る。 修理や工事の立ち会い時は、事故の引き金になる、「物質」や「人」や「設備」をしっかりと見て、危険源を抽出していく。 管理マネージメントとは、『危険の芽を摘み取ることである』と感じた講義でした。
様々なリスク、管理のポイントを事故例を通じて、講義して頂いた。 今回は、安全管理の気づき、キーワードを得る事ができた。 今後、RC審査、現場パトロール、査察等での管理、checkポイントとして活用していきたい。 また、本講座は、製造管理者研修のプログラムとしても有効である。 すべてが目新しい知識ではないだろうが、管理者としておさえるポイントを、再認識・再構築するのに役立つだろう。
多くの事例から、マネジメントの視点を教える講座で、新任の運転主任・係長クラスに有効な教育だと思った。 ただ、「事故事例から学ぶプラントの防災」講座と、内容にあまり差がないと思い、受講対象を考える必要があると感じた。 現職の課長層には、もう少し事例を絞り、事故に至った背景を詳細に見て、マネジメントの不足を考えさせた方が良いと思った。 2日間、事例からのマネジメントの視点を教育して頂き、ありがとうございました。
事故・災害を起こさないため、危険限の摘出、排除を行っていく。 緊急時の対応を適切に行うための人材教育を行う。 具体的に、手順書・チェックリストを使わなくてもできるように訓練、実際の緊急時には使用する、を行っていきたい。 資料について、カラー印刷はできないか?持ち帰って現場への教育資料としても使用できるので。
設計管理や安全性評価については、研究所にとっても役立つところが大いにあった。また、私の方でも、教育や訓練を行っているが、整理されたポイント等が的確で、役立つと込めろが多い。今後に役立てたい。
・HAZOPについては、今回学んだことを指導し、抜けのない様にする。 ・反応停止時の再立ち上げ方法を年間計画へ取り入れ、繰り返し教育を出来るように提案する。 ・来期の訓練計画に停電時を想定した訓練を取り入れる様、提案する。
・あらゆる過去の事故事例が、今後のプラント運転の検討に参考になるものなので、変更管理者の実施に際し、抜けのないようにしていきたい。 ・内容的にも難しいものではないので、若年層にもテキストを読ませて、今後の仕事の進め方の参考にしてもらいたい。 ・安全とコストのバランスを取るという点について、どこでバランスを取るか、取れるかの判断については、上司とよく相談して、ベストな点を見つけていきたい。
・事故、災害の事例としては、「事故事例から学ぶ化学プラントの防災」と同様であったが、講義の切り口としては理解しやすかった。 ・講義の最後にあったように、特に変更管理はクローズアップした内容の講座を要望します。 ありがとうございました。
過去の貴重な教訓を現在は大体が網羅されているが、全てではない。小さな亀裂より大きな事故にならないよう、隅々まで目配りを行っていきたい。 現在若手教育を行っているので、教育内で今回の講習内容を伝達していく。
部署で若手教育を担当している。人へ教える時のパワーポイント資料のコツが勉強になった。事例を学ぶにつれて、作業の許可をした時には想定できていなかったであろう事から、事故が多く起きている。自分も許可時、しっかり考えて判断する事を心掛ける。
・地震の知見に無かったところを課員へ教育します。 ・変更管理の重要さがよく理解出来ました。 ・自職場のトラブル報告書、H/H報告書に「教訓」を追加します。 ※PP、ご説明共、大変分かりやすく、よく理解する事が出来ました。  ありがとうございました。
中堅クラスから若手の防災力向上に活かしていきたいと考えます。 また、今研修を参考に、現場力と教育のバランスを考え、保安力向上に活かしていきたいと思いました。 ありがとうごさいました。
原理原則を理解していないと、他人に説明できない。 広く知識として参考になった。 OJTに役立てる。

 

事故事例を用いた危険認識能力の向上

今回討論した内容について、事業所へ帰って確認して対応していきます。 討論会方式は非常に良かったです。
設備を安全に使用できるよう、生産と技術でしっかりコミュニケーションをとり、設計段階で危険の芽をなくすことに注力していく。
・蒸留塔の能力アップテストなどをする時は、作業計画、手順などの安全性評価、危険予知を十分に行い、各部署とコミュニケーションを十分に行う事を徹底する。 ・緊急時対応をどのようにするかを事前に検討し、周知する事を発信していきたいと思います。
・言える化、聞ける化を大切にしていきたい。 ・自らの事として取り組むことが重要だと感じました。
事例検討やRAなど、本当の意味で危険性を評価出来ているか? 今回の講義を活かして評価していこうと思います。
皆さんの前で自分の意見(考え)を述べさせて頂いて、社内でもいろいろな意見をのべて行きたいと思います。(いろんな角度からの安全性への考え)
頭が固くなっている角度を変える。 特にI/Lロジックを再確認すると共に、不足がないか見直したい。
新聞やニュースだけではわからない事故原因等を、詳しく聞くことができ、又、他部署の人の話を聞くことができ、大変有意義だった。
事故事例研究する手法を学ぶには、良い講座であった。 山陽人材育成講座は、ヒヤリ・ハット講座もあるので、若い人にも安全を重要視出来る様に、受講させてあげては如何でしょうか?
事故災害の96%は繰り返している事が印象的で、再発防止の答えがある。 又、残りの4%は自部場における災害を未然に防ぐ手段、財産である。 他社、他部場で発生した災害においても、自部場に置換え、事故災害を防止していきたい。
・事故事例から得られる問題点は、設備設計時の貴重な情報であると感じた。  今後も自社、他者にも関わらず事故事例やknow-whyから得られる情報や知見をしっかりと、設計思想や根拠に落とし込んでいきたい。 ・設計段階から計器1つでもこだわりを持って行いたいとも、改めて感じた。
十分に議論をして、リスク抽出を行った後に、計画書を作成する。 また、スタッフだけではなく、ベテランのOPアドバイスも取り入れながら検討する。 今回の災害事例は人員の少ない土曜日に起こったものであり、夜間休日にリスクの高い作業を行うべきかの実施是非もよく考えていきたい。
討論型演習という事で、他部場の色々な意見が聞けて良かった。今回学んだ事を現場の改善につなげたい。